《社交ダンス》身長差に負けない!凸凹カップル奮闘記

社交ダンス、競技ダンスで身長差カップルならではの悩みや役に立つこと、立たないことのブログ。

スタンダードのこつ

《スタンダードのこつ》脚を長く使うとは?

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 すた 社交ダンスでは 「あしを長く使う」 ということが大事です。 これにはいろんな意味がありますが、 そのひとつに脚をみぞおちから生えているように イメージしておどる というものがあります。 今日はこの…

《社交ダンス》体を思い通りに動かすには? 【自分を信じて練習するのが近道】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 ダンスは自分の体を使って楽しむものです。 道具は基本的に必要ありません。 といってもシューズはあるに越したことはないですが、 普通の靴でも結構踊れます。 でも自分の体が思い通りに動かないと 上手には…

《スタンダードのこつ》回転でホールドが崩れる原因 3つ

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードで回転する時に ホールドがうまく維持できない人はいませんか? 回転する時に引っ張ってしまったり 崩れてしまったり。 今日は回転でホールドが崩れない方法を ご紹介します。 崩れる原因は3つ …

《社交ダンスのこつ》目が回る原因と解決法

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 社交ダンスではくるくる回るステップが いろいろあります。 またウインナーワルツを踊ると ず〜っと回っています。 これで目が回ってしまう方も いると思います。 今日は社交ダンスにおいて 目が回る原因と解…

《スタンダードのこつ》ホールドが崩れない秘訣は…?  【結論】ない!

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードではホールドの形が崩れると 必ず注意されます。 今日はホールドの形が崩れることでお悩みの方に 絶対に崩れない方法を ご紹介します。 ホールドの形が絶対崩れない方法は? 結論から言いますと …

《スタンダードのこつ》プロムナードポジションで気をつけること3つ

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 プロムナードポジション(PP)という言葉は しっていますか? スタンダードでは有名なポジションです。 通常ひとりが前進の時に もう1人は後退することが多いです でもPPはふたりとも前進する稀有なポジション…

《スタンダードのこつ》回転するべき場所4つと回転すべきでない場所3つ

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードではある程度 体の形を保って動いていきます。 そのため、回転する時にも 回転できる場所が決まってきます。 今日は体の中で回転できる場所と どのような時に使うかをご紹介します。 首〜顔の向き…

《スタンダードのこつ》なぜあしを使うのが大事なのか?

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 社交ダンスを習うとよく言われるのが 「あしを使って。」 という言葉です。 あしには足と脚がありますが、 両方を連携して使うことが大事です。 なんでダンスの先生はそんなにあしにうるさいのでしょうか? 地…

《スタンダードのこつ》ダブルチェイスをキレ良く踊るポイント 

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 タンゴで初級を抜け出すために 覚えときたいフィガーに ダブルチェイスがあります。 ダブルチェイスができると ・回転している感じがする ・長い距離進める ・ストップロックにも入れる などちょっと上級に近…

《スタンダードのこつ》チェックと通過の違い

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 ダンスにはチェックという動作があります。 これを一言で説明するなら 『行って戻ってくる動作』 でしょうか。 上のイラストもそうです。 下に行き上に戻ります。 止まるという人もいてそれも正しいですが、 …

《スタンダードにのこつ》崩れないホールドを作るためのポイント 3つ

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードではホールドの形は 踊りやすさとしても見た目でも 大事です。 ホールドの形が崩れてしまう人には いくつかパターンがあります。 今日は崩れないホールドを作るために 押さえておくポイント3つを…

《スタンダードにのこつ》爪先を使うとは?

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードのレッスンでは 「もっと爪先を使って!」って 言われることあります。 この爪先という言葉はいくつかの意味があり 気をつけないとうまく踊れなかったり 足を痛くしたりします。 今日はこの爪先に…

《スタンダードのこつ》回転はどこでおこないますか?

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードにおいて 回転する時はどこからまわりますか? 結論として 体の中で回転する場所は 4カ所です。 ・首 ・みぞおち ・股関節 ・足の裏 これらはその部分が点で回るというより その高さにある床と平…

《スタンダードのこつ》タンゴのリード インパクト

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードを踊る時は お互いのボディが触れたまま踊ります。 これをコンタクトと言います。 ボディが離れると その後にくっつこうとして ぶつかったりします。 ボディがぶつかるのは スタンダードではあま…

《スタンダードのこつ》リードはどう伝える

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 社交ダンスにはリードとフォローがあります。 とくに男性はリードの仕方で 悩んでいる方は多いのではないでしょうか? 今日はリードとは何か、 そしてどうやってリードしたら通じるかを 僕なりにお話しします…

《スタンダードのこつ》遠心力を利用しよう

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードで回転する時には いつも遠心力がかかります。 これはホールドの外側に引っ張られるような 力です。 厳密に言うと遠心力という力は 解釈が難しいのですが 今回はそこは飛ばしていきます。 遠心力…

《スタンダードのこつ》両脚を集めるとは

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 いま夏の全日本が中止になった学生などの若い人を対象に フーチャーズカップというオンライン競技会が 開催されています。 いまはちょうど1次予選の最中で 来週にでも結果が出ると思います。 みんないつもの…

《スタンダードのこつ》ナチュラルとリバース

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 社交ダンスを習うとまず難しいのが ナチュラルとリバースという言葉です。 ナチュラルターンは右回転。 リバースターンは左回転。 じゃあなんでライトとレフトと 言わないのでしょうか? そう思ってラテンを習…

《スタンダードのこつ》ロアはいつする?

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 昨日はライズの種類について いろいろお話ししました。 今日はその続きでロアです。 ロアというのは高さが下がることです。 スイングダンスではライズをした後 次の動きの準備としてロアをします。 このロアに…

《スタンダードのこつ》ライズに関するあれこれ

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードでタンゴ以外の種目には ライズがあります。 ライズにもいくつか種類があります。 今日は〇〇ライズというものを 何個かご紹介します。 (1)フットライズ これはいわゆる「ライズ」です。 膝や…

《スタンダードのこつ》タンゴの高さはどうやって決まるか?

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 タンゴを踊るときに 低くなってと言われたことはありませんか。 僕は最初の頃に何回も言われました。 初心者はどうしても膝が伸びるので 低くなってというアドバイスは 正しいと思います。 でもどのくらい低い…

《スタンダードのこつ》ダブルリバーススピンのこつ

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 みなさん、ダブルリバーススピンは 踊ったことありますか。 ワルツのベーシックフィガーで 他の種目でも使われる 人気のフィガーです。 それだけで使えば優雅な ゆったりとした回転を表現できます。 またピボ…

《スタンダードのこつ》スイングのイメージ

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 ワルツを踊る時はスイングが 大事ですね。 このスイングって一体なんでしょうか? 1点を固定した自由な運動です。 わかりにくいです。 例えば1本の棒をイメージします。 この片方を固定して、反対を振るよう…

《スタンダートのこつ》インラインがポジションの基本です。

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 質問をいただきました。 # スタンダードとラテンを両方やっています。 最近ボディのコンタクトで悩みがあります。 それはボディのどこで合わせるかが なかなかぴったり決まりません。 うまくいく日もあるので…

《スタンダードのコツ》動きが重い時の解決方法 3種

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードに限らず練習するときに 「体が重いなぁ」 と思う事はありませんか。 社交ダンスにおいて踊りが重いのには いくつか理由があります。 今日はダンスにおいて自分の身体が 重く感じる時の解決方法を…

《スタンダードのこつ》1歩はどこからどこまで?

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードでもラテンでも ダンスの基本はウォークです。 ってダンスの先生は言います。 ウォーク、つまり歩くことが いろんなフィガーの原点なのです。 この歩く動作は足を出すだけではありません。 出すだ…

《スタンダードのこつ》手の握り方のおすすめ3選

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードではホールドと言って 手の握って踊ります。 このときに男性の左手と女性の右手を つなぎます。 この握り方一つでも なかなかうまく合わないと思います。 この手の握り方は 1.男性が左手の親指…

《スタンダードのこつ》バランスが良いとは

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 社交ダンスを踊るときに バランスは大事なもののひとつです。 バランスにもいろんな意味がありますが 今日はぐらぐらしないで立てるという意味での バランスとします。 ワルツなどでライズした時に ぐらぐらし…

《スタンダードのこつ》スタンダードらしく踊るポイント3つ

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードとラテンは同じ社交ダンスでも 全く違うスタイルです。 スタンダードはホールドを組んだまま 身体を離さないで踊ります。 ラテンはくっついたり離れたりしながら 踊ります。 なのでどちらかをメイ…

《スタンダードのこつ》男性のホールド 右手と左手はどちらが動く。

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードを踊るときに、 「ホールドを動かさないで!」 って怒られたことある男性は多いと思います。 僕はそんなこと1回も 言われたことないですが。 うそです。 凄く何回も言われました。 それも沢山の…