《社交ダンス》身長差に負けない!凸凹カップル奮闘記

社交ダンス、競技ダンスで身長差カップルならではの悩みや役に立つこと、立たないことのブログ。

《競技ダンス》競技ダンスとはなにか? 【文字通りだった】

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。


Unsplash
Braden Collumが撮影した写真

 

先日の北海道インターではたくさんの選手が

より上位を目指して踊っていたと思います。

 

思い通りの成績が取れた人、思った以上によかった人

そして目標よりも成績が取れなかった人などいろんな方がいるでしょう。

 

基本的に優勝したひと以外は何らかの不満が残るのが競技です。

 

それを踏まえた上で今日は競技会ではどう踊るかということを

僕なりにお話しします。

 

 

出場することに意義がある


Unsplash
Ardian Lumiが撮影した写真

 

まず大前提として必ずしも成績だけが全てでは無いということがあります。

 

一所懸命練習して大会に出場し踊ることを楽しむ。

 

これも競技会出場の楽しみ方です。

 

衣装を着て緊張感のあるフロアで踊ることは

ダンスの素晴らしさのひとつであることは間違い無いでしょう。

 

そこは否定するものは何もありません。

 

この大前提を踏まえた上で、より良い成績を取るためにどう考えるかを

考えてみましょう。

 

競技ダンスはダンスの技を競う


Unsplash
GR Stocksが撮影した写真

 

競技ダンスは文字通りダンスの技を競うものです。

 

ダンス 技 競う

 

この3つが揃って競技ダンスになるということです。

 

成績がなかなか出ないと悩んんでいる方で一番多いと思うのが

競っていない人です。

 

ダンスはもちろんしている。

 

技も悪く無い。

 

でも競っていない。

 

そんな感じです。

 

もちろん競うのはダンスの技なので、

動く距離だけとか、力をたくさん入れるとか

あるいは難しいバリエーションをただこなすのでは

そもそもダンスでは無いのでダメです。

 

でも習ったことを一所懸命にやっていても

他のカップルと競っていないことには

どうしても競技会においてはいい成績は遠くなってしまいます。

 

ダンスの技で競うということを

まずは頭の隅に置いておきましょう。

 

あなたはどのグループ?


Unsplash
Florian Schmetzが撮影した写真

 

競技に出場する選手はどの競技会でも

大きく分けて3つのグループに分かれると思います。

 

(1)決勝までは余裕 トップグループ

(2)決勝上位入り、あるいは優勝を争うことを目指す チャレンジグループ

(3)準決勝、決勝入りを目指す ネクストグループ

 

グループの名前は僕が今考えたので

まったく一般的ではありません。

 

念の為…

 

それぞれのクラスについてお話しします。

 

(1)トップグループ|競っていない感じを出せるか?

まず一番最初にトップグループです。

 

これは優勝、もしくはそれに準ずるくらいのランクで

尚且つすぐ下のカップルともだいぶ実力的に離れいてるグループです。

 

今回のインターで言えばマディス+リース組のような存在です。

 

どう転んでも優勝まま違いないくらいの実力なので

変に周りと競って踊るのはいい印象がありません。

 

堂々と雄大に1日踊り切ることで

難なく優勝しなければいけません。

 

かと言ってあんまり余裕を出していると

それはそれでサボっているという印象になるため

成績的には優勝しても観客からのウケは悪くなります。

 

このようにトップグループの人は

余裕を見せながらも全力で踊り

圧倒的な実力差を見せつけて優勝しなければいけません。

 

たった1回そういう競技に出るのなら楽しいかもしれません。

 

ただ世界チャンピオンを10年とか取り続けていたカップルなどは

この状態を保つのに大変苦労があるでしょう。

 

このランクははっきり言ってクレーム産業なので

ある意味とても難しい立場です。

 

(2)チャレンジグループ|トップの交代を演出

次にチャンピオン、あるいはファイナリストの時点にいる人は

自分がそこに入っていくということを全面に出していく必要があります。

 

実力はあると思うので、よほど差がなければ

ファイトして踊ることで自分も観客も盛り上がります。

 

またこのグループの活気があるとトップは恐れ

下位のグループはより活発になります。

 

競技が一番盛り上がるのはこのグループなので

責任は重大でしょう。

 

しかしあくまでも追いかける立場なので

守るよりはかなり楽かもしれません。

 

攻める方は1箇所でも上回ればチャンスがありますが、

守る方は全ての面において上回る必要があるからです。

 

ただこのランクも競技の途中まではトップと同じ立場であることもあるので

1日の中のどこでギアを上げてチャレンジしてくかが

作戦のキモになるでしょう。

 

(3)ネクストグループ

このランクは一番数が多いランクです。

 

自分がここにいると思っている人は

とにかく少しでも上に這い上がらなくてはいけません。

 

常に全力でこの予選、この1曲に全てをかける必要があります。

 

とくに日本インターのような大きな大会では

最初シード選手が出ていません。

 

このときに大きなインパクトを与えるように踊れれば

シード選手の下位の人よりいい立場に行けることも大いにあるでしょう…

 

シードを持っていることは、これまでの実力を評価されているということなので

とても素晴らしいことです。

 

しかしその競技がある1日だけを見れば、

ノーシードの選手の方が先に審査員の前で踊り

印象を与えられるので有利とも言えます。

 

またシード選手は免除されている予選でしか優遇されません。

 

一旦フロアに出れば、他の選手と同じということです。

 

過去にもシードで出場して最初の予選で落選している選手もいます。

 

このようにネクストグループの人もチャンスは絶対にあるのです。

 

いまトップの人も最初は何もないところからスタートしました。

 

もちろん基本的な技術は必要ですが、

余裕などなくてもいいのでガンガン攻めていくことが大事です。

 

競技会によって立場も変わる


Unsplash
David Travisが撮影した写真

 

先ほど大きい句分けて3つのグループがあると言いました。

 

これはそのカップルがいつもトップというわけではありません。

 

たとえば先ほどお話ししたマディス+リース組も

日本インター、あるいはその他のインターでは

ほぼ優勝は確定しているのでトップでしょう。

 

しかし世界の舞台に行けばやっとファイナルに入るくらいなので

チャレンジかネクストの一番上くらいかもしれません。

 

こういう人たちの素晴らしいところは

自分が今日あるいは今のラウンドは

チャレンジグループなのか、トップグループなのかを

はっきりと意識しているところです。

 

そのため変に頑張りすぎてミスをしたり、

勝負どころで余裕を出しすぎて印象を悪くすることがありません。

 

ここは難しいところですが、競技ダンスなので

競っている感じを上手く出せるかが積極性やエネルギッシュな感じを

演出していくのだと思います。

 

〜まとめ〜『ダンスの技を競うのが競技ダンス

関連記事

 

jumbo-miyake.hatenablog.com

 

 

 

 

 お問合せご意見、ご感想などはこちら

お問い合わせフォーム

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング