《社交ダンス》身長差に負けない!凸凹カップル奮闘記

社交ダンス、競技ダンスで身長差カップルならではの悩みや役に立つこと、立たないことのブログ。

《メンタル》自信とは何か? 【自信をつける必要は無い】

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。

 


Unsplash
Norbert Kundrakが撮影した写真

 

 

突然ですがひとつ質問です。

 

あなたは自信がありますか?

 

多くの人の答えはNoだと思います。

 

例えば大会に出場する方や、デモンストレーションに出演する方などが

みなさん本番前に自信がないから失敗しそうと感じるでしょう。

 

今日はどうすれば自信がある状態で本番に臨めるかを

僕なりにお話しします。

 

僕はいつも自信がない

 


Unsplash
arash payamが撮影した写真

 

 

僕も今までたくさんの大会に出場し、デモンストレーションをしてきて

教師試験も何回も受けてきました。

 

また生徒さんとのデモンストレーションも何回も踊らせていただいてきました。

 

結論から言うといつも自信はないです。

 

しかし本番は否応(いやおう)なしに近づいていきて、

その中でベストを尽くしてきたと思っています。

 

もちろん毎回合格点だったわけではなく

一線を超えた失敗をしたことも何回もありました。

 

しかし多くのうまくいたっときも決して自信があったわけではありません。

 

よく言われるのが、余裕があって自信があるように見えるのようなことです。

 

確かにダンスなので自信があるように見えることは重要です。

 

おどおどしていたらカッコよくありません。

 

とくに生徒さんと一緒に踊る時は

先生役としての部分もあるので

僕が自信なさそうにしていたらこまるでしょう。

 

そのため自信があるかのように振る舞っているだけで

必ずしも自信があるわけではないということです。

 

自信は自分を信じること

 


Unsplash
Marcos Paulo Pradoが撮影した写真

 

 

ここまでの自信は一般的に

「自信たっぷり」とか「自信を持って頑張る」みたいな

使い方での自信です。

 

僕は自信がないと言いましたが

正確に言うと自信の感じ方を変えていると言うのが正しいかもしれません。

 

自信は自分を信じると書きます。

 

自分を信じるとは自分はできると言うことだけでなく

現在の自分の能力全体を受け入れることです。

 

できることはできるが、できないことはできない。

 

これを認識することです。

 

よく自信がないからできないとか

自信がないから挑戦できないと思う方がいます。

 

それはそれですごく気持ちはわかりますが、

これはすごくもったいなく感じてしまいます。

 

もちろん僕も長い間そう思っていました。

 

でも今はちょっと違う感じ方になっています。

 

先ほどの自信がないからうまくできない、

自信がないから挑戦できないと言うことを

ひとつずつ考えてみましょう。

 

自信がないから上手くできない

 


Unsplash
CHUTTERSNAPが撮影した写真

 

 

こう思う方に質問です。

 

あなたは自信があったけど失敗したことはないですか?

 

多分あると思います。

 

絶対に大丈夫だと思った試験で単位を落としたとか

転ぶと思っていないところで滑ってしまったとか。

 

細かいところで言えば、買い物に行って

微妙に小銭が足りないとかもそうです。

 

まあいまはうんちゃらPAYなどを使う人が多いので

お金が足りないと言うことも少ないかもしれません。

 

僕が学生の時は現金しか使えなかったので

レジで会計したら¥3足りなくて

もやしを返したことなどもありました。

 

まあそれはさておき、誰も失敗すると思っていない時に

このように失敗することは珍しくないと思います。

 

逆もそうです。

 

好きになった人に告白したことがある人は

必ず成功すると思ってアタックしたわけではないでしょう。

 

また給食で残った揚げパンをとりあうときも

じゃんけんで勝つ自信があるとは限らないですが

どうしても欲しいと思えば挑戦して勝ち取ったこともあるかもしれません。

 

僕だけかもしれませんが…

 

このように自信がなくてもできたことも

たくさんあると思います。

 

ここから考えると上手にできる、成功することと

自信があることはとくに関係ないと考えられます。

 

自信があっても失敗するし

自信がなくても成功します。

 

そういうことです。

 

自信がないから挑戦できない

 


Unsplash
Joshua Rawson-Harrisが撮影した写真

 

 

これもよくある心理状態です。

 

何かをやってみたいけど最初の一歩が出ない。

 

このような状態です。

 

これも非常に気持ちはわかります。

 

自信がないのにやってみるかと思うことは

なかなかハードルが高いでしょう。

 

ただやってみたら意外とできたと言うことも

たくさんあると思います。

 

プールの授業で顔を水につけることが怖かったけど

やってみたら大したことなかったのような感じです。

 

もちろんこれは人によるので

水に顔をつけること自体が大したことある人もいることは

別におかしいことではありません。

 

大事なことは初めてやることに対して自信があることは

非常に少ないと言うことです。

 

ないと言っても過言ではないでしょう。

 

自分に自信がなくてできないことを

他人がスイスイやっていてもそれはその他人にとって

初めてではないだけかもしれません。

 

つまり自信がないから挑戦できないと言うのは正しいのですが、

挑戦したことがないことに対してはほぼ100%自信がないのが普通ということでもあります。

 

そこはすごく大事な部分だと思います。

 

自信があるに越したことはないけど

 


Unsplash
Zac Durantが撮影した写真

 

 

確かに自信があれば何かをする時に

成功する確率は上がるかもしれないし

挑戦するにも一歩踏み出しやすいでしょう。

 

しかし自信がないから上手くいかなかったり、

挑戦できないわけではないということも記憶しておくべきだと思います。

 

僕たちはこの世に生まれてきた時に

何もできない状態でぽいっと出てきました。

 

呼吸もしたことない、目で見るということも

多分したことない状態でいきなり別世界に出てきて

はい自分で生きてと言われます。

 

そんな中で呼吸をして、ミルクを飲んで

寝返りを打ち、立って歩いてと

少しずつ進化して今に至っているでしょう。

 

今のあなたはその頃のあなたと

条件としては何も変わっていません。

 

これからの未来に対して何もわからない状態で

時間が過ぎているだけなのです。

 

自信があるように見える人は

過去の経験から未来の勝算を計算して

また未来はわからないということを受け入れているのだと思います。

 

僕ももちろん完璧ではないです。

 

ただこんなことを考えて、少しずつ未来に進んでいっているというのが

現在の考えです。

 

あってるかどうかは知らんけど。

 

〜まとめ〜『赤ちゃんの気持ちで進めばなんとななる』

関連記事

 

jumbo-miyake.hatenablog.com

 

 

 

お問合せご意見、ご感想などはこちら

お問い合わせフォーム

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング