《社交ダンス》身長差に負けない!凸凹カップル奮闘記

社交ダンス、競技ダンスで身長差カップルならではの悩みや役に立つこと、立たないことのブログ。

《メンタル》上達するための近道 【考える順番を考える】

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。

 


Unsplash
Mathew Schwartzが撮影した写真

 

社交ダンスを踊る上で気をつけることは

たくさんあると思います。

 

姿勢のこと、足の使い方、相手のこと、音楽のこと…

 

いろいろ注意していて結局全部うまくいかないと言う人も

多いのではないでしょうか?

 

今日はダンスを踊る時にどうすれば少しずつでもうまくいくかを

僕なりにお話しします。

 

うまくいかない人の特徴はこれ

Un


splash
Jake Youngが撮影した写真

 

レッスンを受けている人は初心者からベテランの方まで

幅広い人がいます。

 

その中でも割と一歩ずつ確実に上達する方と

上達の階段を行ったり来たりしてしまう方がいます。

 

もちろん一直線に上達できる人はいませんが、

なるべく戻ってしまう量を少なくして上達したほうがいいと思います。

 

いつも同じことばかり注意されてなかなか上達を実感できない人は

注意点の優先順位がない、あるいは順番がおかしくなってしまう人が

多いように感じます。

 

最初にも言いましたように注意点は非常にたくさんあります。

 

それら全てを踊りながら100%気をつけることは

一般的な人間の能力としてほぼ無理だと思います。

 

そのため何を最初に気をつけるか

次に何に気をつけるかの優先順位が大切になると思います。

 

優先順位を決めよう

 


Unsplash
Glenn Carstens-Petersが撮影した写真

 

たとえばヒールターンをする場合を考えてみましょう。

 

ヒールターンをする時の代表的な注意点は

 

・足を揃える

 

・かかとに重心を乗せる

 

・片足に乗る

 

・回転する

 

などがあるでしょう。

 

他にも姿勢や顔の向きなど上げていけばキリがありません。

 

注意する点はその人ができていない点であることが多いと思います。

 

例えば「足を揃える」と言うところができていないとしましょう。

 

この時は「かかとに乗る」や「回転する」などより

「足を揃える」と言う動作(意識)が優先順位が上になります。

 

なのでまず何があっても足を揃えなければいけません。

 

何度注意されてもできない人の多くが

足を揃えてくださいと言ってもこう帰ってきます。

 

「でも回転しなきゃいけないんですよね?」

 

「かかとに乗ろうとすると足が揃わないんですけど…」

 

と言った感じです。

 

こう思ってしまう方は「足を揃える」と言うところに意識が薄くなるため

 

足が揃わない→当然バランスが崩れる→

     →回転できない→回転しなきゃ!!

 

という思考回路が働くのか足を揃えることを忘れてしまいます。

 

外から見ると足を揃えれば十分回転できるのに

もったいないなぁと思ってしまいます。

 

このように優先順位を間違えたり忘れてしまうと

できるものもできなくなってしまいます。

 

 

優先順位は人やその時によって変わる

 


Unsplash
Chris Lawtonが撮影した写真

 

じゃあ何が一番大事ですか?

 

こう聞かれると「その人と、その時の状態による」としか

答えられません。

 

一般的にダンスは音楽に合わせて体を動かすことが大事です。

 

でも音楽に合わせるとそれなりの速さが必要なので

頭で考えるのが間に合わない時もあるでしょう。

 

このような時に無理に音楽に合わせて何回練習しても

上達する可能性は薄いです。

 

それよりまず音楽を傍に置いておき

ゆっくりと正しい動作を体に教え込み

それから音楽に合わせてもいいと思います。

 

この時に優先順位は「音楽<動作」となります。

 

逆に動作としてきちっとできているけど音楽に間に合わない人は

「音楽>動作」と思って練習することで

動作のスムーズさが上がったり、考えるスピードが早くなったりすると思います。

 

大切なことは今の状態で一番大事なことに

意識を集中することです。

 

何が一番大事かを見極める

 


Unsplash
Victor Freitasが撮影した写真

 

そこで今の自分にとって何が一番大事かを

見極めることがとても大事です。

 

これはとても難しいことであり

すごく簡単ななことでもあります。

 

もしレッスンを受けている人なら

習ったことが一番大事だと思います。

 

習ったことをそのまましっかりと吸収することで

自ずと次の課題が見えてきます。

 

優先順位が高いと言うことは一番下手なところ

あるいはボトルネック(うまくいかない1番の原因)になっていることが

多いと思います。

 

そこができれば今まで2番目の原因が

次のボトルネックになります。

 

レッスンでは多くの場合そのボトルネックになる部分を

修正することが多いので習ったことに集中するのが

一番上達の近道だと思います。

 

こうやっていくうちに自分の苦手なことや

自分がやりたいことが見えてきて

より優先順位がしっかりと把握できるようになると思います。

 

〜まとめ〜『上達することを上達する。』

関連記事

 

jumbo-miyake.hatenablog.com

 

jumbo-miyake.hatenablog.com

 

 

 

 

 お問合せご意見、ご感想などはこちら

お問い合わせフォーム

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング