《社交ダンス》身長差に負けない!凸凹カップル奮闘記

社交ダンス、競技ダンスで身長差カップルならではの悩みや役に立つこと、立たないことのブログ。

《社交ダンス》ダンスシューズはなぜヒールが高いのか? 【ヒールを生かした踊り方を考える】

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。

 

f:id:tatsushi_miyake:20210319140325j:plain

ダンスシューズは高さの違いはありますが、

ヒールに高さがあります。

 

女性なら7cmくらい、男性でも2~4cmくらいです。

 

このヒールがあるというのはただ見た目だけのものではありません。

 

ヒールが高いことでどんなことが起きるか

僕が思いつくことをお話しします。

 

1.重心が前に行きやすい

 

f:id:tatsushi_miyake:20210319140508j:plain

ヒールが高いということは

坂道に立っているのと同じです。

 

坂の上にかかとが、坂の下に爪先が

むいている状態です。

 

想像して貰えばわかると思いますが、

すこし体が前のめりになると思います。

 

これがヒールが高い靴を履いた時には

水平なダンスフロアの上でも起こります。

 

裸足で立つ時に真っ直ぐ立つといっても

水平な床の上に立つのと

斜面に立つ時では感覚が違います。

 

ダンスシューズを履いている時は

そのシューズの斜面に立っているということに

なると思います。

 

なので安定して立つためには

すこし後ろに立つ感覚が必要と言うことだと思います。

 

2.前進しやすく、後退しにくい

f:id:tatsushi_miyake:20210319140614j:plain

1.と関連していますが、

動く時に前進しやすく、後退しにくい

特徴もあります。

 

前に進むときは斜面を降りていく感覚なので

進むのは簡単です。

 

しかし重力も利用して進むので

コントロールが少し難しくなることがあります。

 

後ろに進むときは登り坂になります。

 

進んでいくのに力が必要ですが、

いつも進行方向の反対(前)にひっぱられているので

コントロールはしやすいと思います。

 

この性質を利用してスタンダードでは

前進の人より後退の人の進むタイミングが少し遅くなり

ボディが離れないで踊り続けることができる

という面もあると思います。

 

3.足首を曲げやすい

 

f:id:tatsushi_miyake:20210319140710j:plain

スタンダードでは足首の曲げ伸ばしが

踊る時に大切な動作の一つになります。

 

足首の可動範囲はすねが垂直な状態から

大体前に45度くらいから

うしろに90度くらいだと思います。

 

ヒールが高いとスタートが90度より少し伸びたところから

曲げていくことができるので

より深く足首を使ったのと同じ効果が

期待できると思います。

 

とくに女性はヒールが高いので

足首も90度よりかなり伸びているところから

曲げていくことになります。

 

これにより後ろにしなったラインを

作ることができると思います。

 

まあ実際はヒールが高いから後ろにしなっていると言うのが

正解だと思いますが…

 

結論!ヒールの高さを利用しよう。

 

f:id:tatsushi_miyake:20210319140823j:plain

つまりダンスシューズのヒールは高いことにも

意味があると言うことです。

 

もちろん最初はただ装飾的な意味だったかもしれません。

 

でも高いヒールで踊るテクニックが

長い間に研究されて今に至っています。

 

僕たちはその恩恵を十分に生かして

楽しく踊っていけばいいと思います。

 

ヒールが高いのは最初結構大変だと思います。

 

いきなり高いシューズにしなくても大丈夫。

 

少しずつ慣れていきましょう。

 

シューズのことはタカダンス栗林で

相談に乗ってくれます。

 

シューズに悩みがある方はぜひ行ってみてください。

 

タカダンス栗林ホームページ

 

〜まとめ〜『高いヒールを生かして踊りましょう。』

 

関連記事

 

jumbo-miyake.hatenablog.com

 

 

凸凹カップル奮闘記 もくじ

 

 お問合せご意見、ご感想などはこちら

 

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング