《社交ダンス》身長差に負けない!凸凹カップルの奮闘記

社交ダンス、競技ダンスで身長差カップルならではの悩みや役に立つこと、立たないことのブログ。

《スタンダードに絶対役立つ練習方法》かかとの上げ下げ

 

 

 

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。

 

スタンダードに役立つ練習方法は

いろいろあります。

 

でも速くうまくなるためには、なんだかんだ言って

結局地味な練習が一番近道だったりします。

 

今日は僕がやってきた、スタンダードに絶対役立つ

練習をご紹介します。

 

足首を鍛える~かかとの上げ下げ

まず鏡に向かってまっすぐ立ちます。

 

スタンダードなので、ひざは少し緩めて

身体はしっかり伸ばして立ちましょう。

 

そこからバランスをとりながら

かかとを上下してみましょう。

 

体重は常にボールにのせたまま

かかとを床からあげたり下げたりします。

 

出来るだけゆっくりやるのがコツです。

 

スローフォックストロットの音楽に合わせ

1234で上がり、1234でおります。

 

最初は壁などにつかまってもOKです。

 

大事なことは

 

・上や下で止まらないように、ゆっくり動く。

 

・バランスをコントロールする。

 

・ボールの上に体重を置く。

 

です。

 

とくに3つめのボールに常に体重を置くのは

大事です。

 

かかとを下すとついかかとに体重を

乗せてしまいがちです。

 

かかとは床に触れるだけで、

体重はいつもボールに置いてやることで

ワルツなどで役立ちます。

 

使う筋肉はふくらはぎです。

 

ももや足の指はつかいません。

 

ふくらはぎに集中してゆっくり力を入れて

ゆっくり開放します。

 

足の甲は前に出すように使いましょう。

 

かかとをボールの上にのせるような感じです。

 

f:id:tatsushi_miyake:20200602225417p:plain

ひざが伸びるとできないので、

ひざを緩めながらかかとを前に出します。

 

そうすると、バランスが取れたまま

かかとを高く上げることが出来ます。

 

これを繰り返すことで

 

・バランスがよくなる

 

・足首の筋肉がつよくなる

 

・足の指の付け根が柔らかくなる

 

といった効果が期待できます。

 

どこでもできるので、暇さえあればやる。

 

ウォーミングアップでやる。

 

とりあえずやる。

 

って感じでひたすらにやりましょう。

 

これでワルツなどはとくに

踊りがきれいになります。

 

ぜひ試してみてください。

 

~まとめ~『かかとをボールにのせるように、上下しよう。』

関連記事

 

jumbo-miyake.hatenablog.com

 

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング