《社交ダンス》身長差に負けない!凸凹カップル奮闘記

社交ダンス、競技ダンスで身長差カップルならではの悩みや役に立つこと、立たないことのブログ。

《ダンス競技会》小樽での全道アマチュアダンス競技会に参加してきました

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。

 

昨日は全道アマチュアダンス競技会がありました。

 

昨日の結果はこちら

採点表表示

 

先月のシニア競技会に引き続き

コロナで中止になったあと2度目の大会です。

 

今回も小樽支部の皆様のご協力のもと

開催されました。

大会前の様子

まず朝は練習があります。

 

通常は音楽がかかっていて

みんなが自由に踊っています。

 

しかし今回は密集を避けるために

各部門ヒートごとに分かれて練習です。

f:id:tatsushi_miyake:20201011200436j:plain

踊る人はフロア内にある椅子にカップルごとに

待機して待ちます。

 

そこで司会の案内に従い練習していきます。

 

小樽支部のプロとアマチュアの役員の方々が

的確に案内しているので選手も混乱はなさそうです。

 

また選手も橋梁して動いているように

見えました。

 

さすが社交ダンスをする人は

マナーがいいです。

 

そして練習が終わり次のくみが入る前に

椅子の消毒です。

f:id:tatsushi_miyake:20201011200816j:plain

これは競技会中もひとつ終わるたびに

使った椅子を消毒していく作業を

繰り返していました。

 

これはとても大変だったともいますが、

選手も安心して踊りに集中できたと思います。

 

競技会の間は無観客だけど

今回の大会は無観客で行われました。

 

お客様がいないのは選手にとって

少し寂しいかもしれません。

 

でも上位級の選手になると

たとえそこに人がいなくても

ちゃんと笑顔でお辞儀をしているのには

本当に感動しました。

 

ある種のプロフェッショナルを感じました。

 

そこに人がいるかいないではなく

自分のダンスを披露する姿勢が

大事なのだと改めて確認させられました。

 

また選手は全員マスクかフェイスガード等を

することが義務付けられていました。

 

役員と審査員はマスク着用で審査員はさらに

メガネかフェイスガード必着でした。

 

 

たぶんすごく踊りにくいと思います。

 

でもそれをもろともせず

笑顔で踊る方が多くみていて

とても感動しました。

 

表彰式にも工夫が

通常表彰式では選手が呼ばれ

横に並び賞状などを受け取ります。

 

でも今回は競技同様に

カップルごとに椅子に腰掛け

順位の発表とともに

役員がそれぞれ配るという方法でした。

 

f:id:tatsushi_miyake:20201011201748j:plain

ある意味とても緊張して待っているのがわかります。

 

でも待っている選手が別の表彰をしている時に

拍手をしていたので

少し盛り上がったように感じました。

 

最後に

今回の大会は無観客ということで

会場が盛り上がらないと思っていました。

 

もちろん歓声などはなかったですが、

 

役員の先生方が拍手をしたりして

精一杯盛り上げようとしているのが

感じられました。

 

選手の皆さんもすぐに今まで通りとは

行かないと思いますが、

運営もいろいろ考えて一生懸命やっているので

ダンスを楽しむことをやめないで

踊り続けましょう。

 

きっと明るい未来が

待っていると思います。

 

〜まとめ〜『選手の皆様と運営する人が協力しているのを感じた。』

関連記事

 

jumbo-miyake.hatenablog.com

 

 

 お問合せご意見、ご感想などはこちら

 

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング