《社交ダンス》身長差に負けない!凸凹カップル奮闘記

社交ダンス、競技ダンスで身長差カップルならではの悩みや役に立つこと、立たないことのブログ。

凸凹奮闘記

youtu.be

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。

 

まずは簡単に自己紹介いたします。

Jumbo三宅はこんな人 

・1974年 広島県で生まれる 

       当時そこに住んでいたわけでもなく、

       親戚などもいないので、広島とは縁もゆかりもない。

       (別に複雑な事情があるわけではなく、近い病院が県をまたいだだけ)

 

・1993年 大学入学のため北海道に来る 

       大学時代はゆるく楽しくすごす予定が、

       なぜか競技ダンス部に入部

       (体育会の中でも一二を争う厳しい部活と後から知る。)

 

・1999年 工学部を卒業

       研究職に就く予定が、なぜかダンス教師になる

       就職担当の先生に就職先を報告し、2回ほど聞き直される。

 

・2006年 ダンスの本場イギリスのロンドンへの初留学

       以降2018年まで毎年留学しダンスの技術を学ぶ

 

・2017年 25年間の競技生活から離れる

       ダンスのさらなる上達と理解を目指すため、次のステージへ

 

・いま    ブログだけでなくYoutube Twitter instagramもやってます。

 

 

 

 

このブログのテーマは?

 

 社交ダンス、とくにスタンダードでは

身長差が大きいといろいろ悩みがありますよね?

  

 

自分が今までに経験したことから

 

身長差カップルならではの悩み、役立つこと。

 

社交ダンス、競技ダンスのテクニック

 

身長差と関係ない話(?)

 

 

などいろいろ書いていきます。

 

なお僕は男性が大きく女性の方が背が低い

カップルでした。

 

なので、このブログでは基本的に

 

身長差=男性が大きく女性が小さい

 

を想定しています。

 

 

 

凸凹カップル奮闘記 もくじ

 

 お問合せご意見、ご感想などはこちら

お問い合わせフォーム

 

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング

《体の使い方》股関節は秘密の関節 【この関節を理解すれば、踊りが変わると思う】

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。

f:id:tatsushi_miyake:20220127131432j:plain



社交ダンスをすると股関節を使うと言われる機会が

結構な頻度であると思います。

 

僕もダンスをするまでは

なんとなく単語は知っていても意識したことはなかったです

 

今日は股関節の基本的な動きを

僕なりにお話しします。

 

股関節は不思議な関節

f:id:tatsushi_miyake:20220127131519j:plain

体にある関節にはいろんな種類があります。

 

多くの関節は蝶番のように

一方向にパタンと折れるように曲がります。

 

ひじやひざ、指などもそうです。

 

また少し違いますが、足首や手首も

同じイメージでいいとおもます。

 

もうひとつは背骨です。

 

これはしなる竹のように

動きます。

 

実際は小さな骨が少しずつ曲がるのですが、

ダンスをする上では竹の棒でいいと思います。

 

腰の下から頭の下まで長い棒をイメージします。

 

最後は球状関節です。

 

これは特殊で体の中にも肩と股関節の4箇所しかありません。

 

自由自在に回ることができるので

多彩な動きを同時に行うことができます。

 

これをうまく使うことで

その上にある上半身を自由自在に動かすことができると思います。

 

股関節の仕事 in ダンス

f:id:tatsushi_miyake:20220127131611j:plain

(1)曲げる

ひざなどと同じく蝶番のように曲げる動作です。

 

ももがお腹に近づく方向に曲がります。

 

ひざや足首とともに曲げることで

上半身をまっすぐに保ったまま

上下に動くことができると思います。

 

(2)脚のスイング

股関節は前後左右に動くので

脚を振る動作の時に股関節を中心におこないます。

 

これは前後だけでなく、左右や斜めにも振ることができます。

 

とくに横方向の動きの時は

股関節から脚を振り出すことで

スムーズに大きく動くことができると思います。

 

(3)回転する時

最後は回転です。

 

これは大きく分けて2つに分かれると思います。

 

ひとつは体重のある脚、もうひとつは体重のない脚です。

 

体重のある脚を回転するということは

実際には胴体が回転するということです。

 

ダンスを踊る時に回転する動作は

ほとんどがこの股関節の動作から始まります。

 

ここが回転しないとスタンダードでは

ホールドや腕だけが動いてしまい

リードが伝わらなかったり、相手を引っ張ってしまったりします。

 

それに対して体重のない脚を回すというのは

足の向きを変える動作になります。

 

チェックをするときや次の回転の準備として

足の向きだけを変える時に使います。

 

とくにスタンダードでは内向きにする場面が結構あるので

このときにしっかりと股関節を回すことで

上半身への影響を減らすことができると思います。

 

股関節は2個ある

f:id:tatsushi_miyake:20220127131641j:plain

股関節は当然2箇所あります。

 

なので左と右は同じ目的で動いていても

別々の動作やタイミングになります。

 

体重がある方とない方を区別することで

自分の動作を思い通りに動かすことができます。

 

また歩幅を大きくしたいときも

股関節の幅(=股関節の間の距離)を使うことで

より大きく歩くことができます。

 

よく「骨盤を開いて!」というアドバイスがありますが、

その多くは股関節の使い方を示していると思います。

 

骨盤は基本的に開かないので。

 

それはさておき股関節を意識することで

ダンス自体はきっと大きな可能性を示すと思います。

 

イギリスの先生でもHip Jointが大事とよく言います。

 

股関節は外から見えにくく筋肉も大きいので

とても不器用です。

 

なのですこしずつでいいので動かすようにすると

きっとダンスが大きく変わると思います。

 

ぜひ試してみてください。

 

〜まとめ〜『股関節は一番大事な関節。(僕の中で)』

関連記事

 

jumbo-miyake.hatenablog.com

 お問合せご意見、ご感想などはこちら

お問い合わせフォーム

 

 

 

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング