《社交ダンス》身長差に負けない!凸凹カップル奮闘記

社交ダンス、競技ダンスで身長差カップルならではの悩みや役に立つこと、立たないことのブログ。

凸凹奮闘記

youtu.be

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。

 

まずは簡単に自己紹介いたします。

 

Jumbo三宅はこんな人 

・1974年 広島県で生まれる 

       当時そこに住んでいたわけでもなく、

       親戚などもいないので、広島とは縁もゆかりもない。

       (別に複雑な事情があるわけではなく、近い病院が県をまたいだだけ)

 

・1993年 大学入学のため北海道に来る 

       大学時代はゆるく楽しくすごす予定が、

       なぜか競技ダンス部に入部

       (体育会の中でも一二を争う厳しい部活と後から知る。)

 

・1999年 工学部を卒業

       研究職に就く予定が、なぜかダンス教師になる

       就職担当の先生に就職先を報告し、2回ほど聞き直される。

 

・2006年 ダンスの本場イギリスのロンドンへの初留学

       以降2018年まで毎年留学しダンスの技術を学ぶ

 

・2017年 25年間の競技生活から離れる

       ダンスのさらなる上達と理解を目指すため、次のステージへ

 

・いま    ブログだけでなくYoutube Twitter instagram podcastもやってます。

 

 

 

 

このブログのテーマは?

 

 社交ダンス、とくにスタンダードでは

身長差が大きいといろいろ悩みがありますよね?

  

 

自分が今までに経験したことから

 

身長差カップルならではの悩み、役立つこと。

 

社交ダンス、競技ダンスのテクニック

 

身長差と関係ない話(?)

 

 

などいろいろ書いていきます。

 

なお僕は男性が大きく女性の方が背が低い

カップルでした。

 

なので、このブログでは基本的に

 

身長差=男性が大きく女性が小さい

 

を想定しています。

 

 

 

 

 お問合せご意見、ご感想などはこちら

お問い合わせフォーム

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング

 

《あしの使い方》ひざの曲げ方 【スムーズにロアするために使えるイメージ】

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。


Unsplash
Giovanna Gomesが撮影した写真

 

スタンダードを踊る時はなんだかんだ言って

ひざを曲げる必要があります。

 

とくに体重が乗っている足のひざを曲げることは

普段歩く時はあまり行わない動きでもあり

レッスンなどでも言われたことがあると思います。

 

代表的な動きはロアと言って高いところから

下に降りるような動作です。

 

今日はこのロアをワンランクうまく行うコツを

僕なりにお話しします。

 

ロアの基本


Unsplash
Jukan Tateisiが撮影した写真

 

まず大前提としてロアのレベル0(ゼロ)の部分のお話をしましょう。

 

ロアをしている最中は同じ足に体重をかけています。

 

ライズした状態から右足を一歩ステップしたとしましょう。

 

このときは最初右足のボールに体重をかけます。

 

そこから徐々にかかとを下ろしていきますが、

体重は右足に乗ったままです。

 

足の裏が全部着地したのちにさらにひざが曲がっていきます。

 

この間も右足に体重がかかった状態を保つことは

非常に重要です。

 

ロアが終わった後、前進後退などをすると思いますが、

降りながら進んでしまうと、うまく踊れません。

 

まず体重がまっすぐに足の上に乗りながらロアすることを

身につけることが大事です。

 

ひざを曲げると起きること


Unsplash
Brooke Cagleが撮影した写真

 

一応足の上に体重を乗せながらロアできるようになったとしましょう。

 

最初はひざが少し曲がればよかったかもしれませんが、

ゆくゆくはもう少し深く曲げて大きく動きたくなるかもしれません。

 

このときはひざだけでなく足首や股関節を一緒に使う必要が出てきます。

 

とくに足首は曲がっていることが分かりにくく

使い方に苦労する人も多いと思います。

 

足首が曲がらないと股関節が多く曲がるため

腰が引けたような姿勢になってしまいます。

 

逆に腰をまっすぐに保つひざが固くなってしまうことにも繋がります。

 

これを防ぎ正しくひざを曲げるために

ひとつイメージを提案します。

 

ひざはつま先の少し前に落ちる


Unsplash
Josiah Gardnerが撮影した写真

 

先ほどひざとともに足首を曲げることが重要とお話ししました。

 

足首が曲がった状態を作るためのイメージとして

ひざがつま先の少し前に落ちていくイメージを持ちましょう。

 

足首を中心に足(シューズ)とすねが二つ折りになるように曲がります。

 

多くの人は足(シューズ)より、すねの方が長いと思います。

 

つまり二つ折りにしたときに、つま先よりひざの方が

少し前に出ていくということです。

 

まっすぐ下に降りるというイメージから

ひざがましたに動くと思っていると前に出ていきにくく

それがひざの硬さにつながっているのだと思います。

 

僕もまっすぐ下に降りてと言われて

ひざもそのまま下に行くような感覚を持っていたことがあります。

 

ただあまりうまく曲がらず苦労しました。

 

確かに胴体(体重)がまっすぐ降りてもひざは前に出るはずですが、

なんか勘違いしやすいポイントなのでしょう。

 

ただひざはつま先より前に落ちていくことをイメージできると

割と簡単に曲げることができると思います。

 

バネが効きやすい


Unsplash
Salah Ait Mokhtarが撮影した写真

 

しかもこの方法でひざを曲げると

あるところからバネが効いたように戻る力が働きます。

 

この戻る力、つまりひざが伸びる力を利用して

体を送り出していくのだと思います。

 

足のバネの縮みが不完全な状態で伸ばしてしまうと

伸びていく距離が短いため進む距離や力強さも足りなくなります。

 

体は自然にバネが効き戻るようにできています。

 

上手に無理なく曲げることで、大きな動きもできるようになると思います。

 

〜まとめ〜『ひざはつま先の少し前に落ちる』

関連記事

 

jumbo-miyake.hatenablog.com

 

 

 

 

 お問合せご意見、ご感想などはこちら

お問い合わせフォーム

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング