《社交ダンス》身長差に負けない!凸凹カップル奮闘記

社交ダンス、競技ダンスで身長差カップルならではの悩みや役に立つこと、立たないことのブログ。

凸凹奮闘記

youtu.be

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。

 

まずは簡単に自己紹介いたします。

 

Jumbo三宅はこんな人 

・1974年 広島県で生まれる 

       当時そこに住んでいたわけでもなく、

       親戚などもいないので、広島とは縁もゆかりもない。

       (別に複雑な事情があるわけではなく、近い病院が県をまたいだだけ)

 

・1993年 大学入学のため北海道に来る 

       大学時代はゆるく楽しくすごす予定が、

       なぜか競技ダンス部に入部

       (体育会の中でも一二を争う厳しい部活と後から知る。)

 

・1999年 工学部を卒業

       研究職に就く予定が、なぜかダンス教師になる

       就職担当の先生に就職先を報告し、2回ほど聞き直される。

 

・2006年 ダンスの本場イギリスのロンドンへの初留学

       以降2018年まで毎年留学しダンスの技術を学ぶ

 

・2017年 25年間の競技生活から離れる

       ダンスのさらなる上達と理解を目指すため、次のステージへ

 

・いま    ブログだけでなくYoutube Twitter instagram podcastもやってます。

 

 

 

 

このブログのテーマは?

 

 社交ダンス、とくにスタンダードでは

身長差が大きいといろいろ悩みがありますよね?

  

 

自分が今までに経験したことから

 

身長差カップルならではの悩み、役立つこと。

 

社交ダンス、競技ダンスのテクニック

 

身長差と関係ない話(?)

 

 

などいろいろ書いていきます。

 

なお僕は男性が大きく女性の方が背が低い

カップルでした。

 

なので、このブログでは基本的に

 

身長差=男性が大きく女性が小さい

 

を想定しています。

 

 

 

 

 お問合せご意見、ご感想などはこちら

お問い合わせフォーム

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング

 

《体の使い方》ボディートーンとはなにか? 【調べてみて初めてわかった〈ボディトーン〉の本当の意味】

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。


Unsplash
Shane Rounceが撮影した写真

 

スタンダードでもラテンでもボディトーンというものが

踊る時には大切です。

 

とはいえこのボディトーンというのもふんわりしていて

果たしてそいつが誰なのかいまいち分かりにくいと思います。

 

今日はこのボディートーンとは何かとその作り方を

僕なりにお話しします。

 

 

ボディートーンとは?


Unsplash
Jason Strullが撮影した写真

 

まずボディトーンとは何かを考えてみましょう。

 

多分英語でBody Toneということでしょう。

 

Bodyは思った通り胴体という意味です。

 

ではTone(トーン)はなんでしょう?

 

これは意外とわかるようでわからない人も多いのではと思います。

 

僕自身もなんとなくわかっているつもりでしたが、

今回調べてみて改めてわかった感じがします。

 

Toneはいろんな意味があります。

 

(1)調子 色や音、口調、景気や雰囲気などいろんなものの調子や抑揚

(2)身体や器官が正常に働く状態、常態、強健

 

参考:

英語「tone」の意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書

 

(1)の雰囲気や調子は声のトーンとか、写真のトーン調整などで

つかわれる意味だと思います。

 

実際は(1)の中もいろいろ分かれていますが、

概ね同じ感じです。

 

しかし(2)〈Weblioでは”5”〉の体が活動できる状態という意味は

その中でもちょっと変わっているように感じます。

 

でもこれがダンスのボディトーンというときの

Toneの意味だと思います。

 

僕は正直にいうとこの記事を書いている今まで

ボディートーンというときのトーンは

張りとか硬さのような意味を想像していました。

 

実際ダンスにおいてトーンが悪い時は

体が緩んでいることが原因になることも多く

体の張りや力をプラスすることで「身体が活動できる状態」に

近づいていることがほとんどです。

 

そのためこのような勘違いが起きたのだと思います。

 

正しく理解している人もいるとは思いますが、

僕と同じような間違いをしていた人も

少なくないと思います。

 

なんでも調べてみるものですね。

 

ボディートーンの必要性


Unsplash
Norbert Buduczkiが撮影した写真

 

ではこのボディトーンを得るためには

どうしたらいいでしょうか。

 

「身体が活動できる状態」という部分を

定義する必要があるでしょう。

 

それによりトーンの作り方も変わるからです。

 

今考えているのはダンスを踊るということです。

 

そのため身体の活動とはダンスを踊ると考えることができます。

 

スタンダードとラテンで違う部分もありますが、

体重移動が社交ダンスのメインになるので

移動に関して考えてみましょう。

 

もし両足が開いた状態で右足から左足に体重を移すと

身体自体の位置も移動します。

 

このとき移動した先(左足の上)で止まるためには

ボディの形が崩れないような強靭さが必要となります。

 

これはものが移動する時に、慣性と言って

動いているものは動き続けようとする性質があるからです。

 

これは止まっているものは止まり続けようとするということも

同時に意味します。

 

このため動き出しでは体が遅れやすく

止まる時は体が行き過ぎてしまうということです。

 

これを防ぐためには体が形を保っている状態を

筋肉で作ることが必要となるでしょう。

 

いわゆる体幹がしっかりとしていると言ったような

言葉で言われるものでしょう。

 

これが動き出す前や止まる前など

常に保たれていることで自由に動くことができる状態

つまり「身体が活動できる状態」になっているということなのでしょう。

 

 

ボディートーンが悪くなるしくみ

Unsplashjulien Tromeurが撮影した写真

では具体的にボディトーンとはどうやって作るのでしょうか。

 

これは身体の形が崩れる場面を考えてみたら

わかると思います。

 

腰から肩の辺りまで、いわゆる体幹の形が崩れる時は

次のような場面が考えられます。

 

(1)猫背のように背中がまるくなる

(2)お腹が出て後ろに反る

(3)脇腹が折れて左右に曲がる

(4)上下に潰れたように胴体が縮む

 

これはどれも原因は同じで

身体の構造からくるものだと思っています。

 

体幹は大きく分けて次の3つの部分に分けることができます。

 

・ろっ骨

・骨盤

・背骨

 

どれも骨格なので折れたり、伸び縮みはしません。

 

ただ関節によって動くため

ある程度位置関係がかわります。

 

背骨の前にろっ骨と骨盤がついていて

前側と横はつながっていません。

 

そのためこの背骨で繋がっていない部分が

開いたり閉じたりすることで先ほどの(1)〜(4)のような

崩れが発生するのだと思います。

 

逆に言えばこのろっ骨と骨盤の隙間を保つことができれば

自ずと体幹が安定し、トーンを保つことができるということです。

 

 

ボディートーンを良くするには


Unsplash
Leo_Visionsが撮影した写真

 

ではこのろっ骨と骨盤の隙間を保つには

どうしたらいいでしょうか。

 

まず前後について考えてみましょう。

 

通常社交ダンスでは体は前後には曲がりません。

 

もちろんバリエーションやサンバのロールのように

前後の曲がりも使うことはあります。

 

しかし一般的にあまり前後には曲がりません。

 

特にスタンダードではほとんど前に曲がることはないでしょう。

 

これを保つためには腹筋と背筋の両方に力を入れて

保つことです。

 

背筋に力を入れると後ろの反るように動きます。

 

ろっ骨と骨盤の間は広がります。

 

逆に腹筋に力を入れると

前に曲がるように身体が動くでしょう。

 

これはろっ骨と骨盤の間は狭くなります。

 

両方に力を入れることで

ちょうどいい隙間を確保することができるということです。

 

これは左右に関しても同じ考え方でできると思います。

 

右の脇腹と左の脇腹の力を同じくらいにしておくことで

左右どちらに対しても曲がりにくくなるということです。

 

ただ左右は前後に比べて動くことが多いですが、

トーンを保つという意味では両方に力を入れておくことが

必要と理解しています。

 

良いボディトーンとは?


Unsplash
Edu Lautonが撮影した写真

 

では最高のボディトーンはどのようなものでしょうか。

 

これはどのように踊りたいかによります。

 

先ほどお話ししたようにトーンは「身体が活動できる状態」ということです。

 

つまりどんな活動をしたいかによって

必要なボディトーンも変わると考えられるからです。

 

ダンスタイムでゆったり踊りたい時

競技のようにビュンビュン踊りたい時

 

いろんな場面が考えられるでしょう。

 

それに合わせて自分のトーンを変えられることが

良いボディトーンなのだと思います。

 

〜まとめ〜『トーンとは「身体が踊れる状態」のこと』

関連記事

 

jumbo-miyake.hatenablog.com

 

 

 

 

お問合せご意見、ご感想などはこちら

お問い合わせフォーム

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング