《社交ダンス》身長差に負けない!凸凹カップル奮闘記

社交ダンス、競技ダンスで身長差カップルならではの悩みや役に立つこと、立たないことのブログ。

凸凹奮闘記

youtu.be

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。

 

まずは簡単に自己紹介いたします。

Jumbo三宅はこんな人 

・1974年 広島県で生まれる 

       当時そこに住んでいたわけでもなく、

       親戚などもいないので、広島とは縁もゆかりもない。

       (別に複雑な事情があるわけではなく、近い病院が県をまたいだだけ)

 

・1993年 大学入学のため北海道に来る 

       大学時代はゆるく楽しくすごす予定が、

       なぜか競技ダンス部に入部

       (体育会の中でも一二を争う厳しい部活と後から知る。)

 

・1999年 工学部を卒業

       研究職に就く予定が、なぜかダンス教師になる

       就職担当の先生に就職先を報告し、2回ほど聞き直される。

 

・2006年 ダンスの本場イギリスのロンドンへの初留学

       以降2018年まで毎年留学しダンスの技術を学ぶ

 

・2017年 25年間の競技生活から離れる

       ダンスのさらなる上達と理解を目指すため、次のステージへ

 

・いま    ブログだけでなくYoutube Twitter instagramもやってます。

 

 

 

 

このブログのテーマは?

 

 社交ダンス、とくにスタンダードでは

身長差が大きいといろいろ悩みがありますよね?

  

 

自分が今までに経験したことから

 

身長差カップルならではの悩み、役立つこと。

 

社交ダンス、競技ダンスのテクニック

 

身長差と関係ない話(?)

 

 

などいろいろ書いていきます。

 

なお僕は男性が大きく女性の方が背が低い

カップルでした。

 

なので、このブログでは基本的に

 

身長差=男性が大きく女性が小さい

 

を想定しています。

 

 

 

凸凹カップル奮闘記 もくじ

 

 お問合せご意見、ご感想などはこちら

お問い合わせフォーム

 

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング

《メンタル》うまくなってからでは遅い 【条件が整うのを待っていたら、いつもまでもスタートできない】

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。

f:id:tatsushi_miyake:20220124191711j:plain



人間の欲はとても大きく

いくら手に入れても満足することはありません。

 

これは別に悪いことだとはなく

上手に使えば向上心やモチベーションになると思います。

 

ただ完全に全てを手に入れようとすると

何か無理が出てくる時もあります。

 

今日はダンスやその他のことについて

欲と現実について僕なりにお話しします。

 

完璧に踊れるか?

f:id:tatsushi_miyake:20220124191753j:plain

たまに生徒さんでこんな感じのことを

いう人がいます。

 

僕「そろそろメダルテストや発表会に挑戦してみたら?」

 

生徒さん「いや〜、もっとうまくなってからにするわ。」

 

確かにどうせ発表会や競技会などに出場するなら

少しでもうまくなってから出たい気持ちはわかります。

 

本番で失敗するのは誰でも嫌だと思います。

 

また他の人を見るとみんなとてもうまく見えるというのも

あると思います。

 

自分がどのくらいうまくなったら出るのかは

その人が決めることで僕はどうしようもありません。

 

でもうまくなったら出ようと思っている人より

出ることを決めて練習する人の方が上達は早いように感じます。

 

これはデモンストレーションや競技会、テストなど

なんでも同じです。

 

ダンスの場合はいくらでも上達することができるので

ここまでうまくなったらという目標が作りにくいです。

 

またうまくなったらの基準も漠然としているので

本人からしたらいつまでも足りない気がして

結局出るチャンスを失う人が多いように感じます。

 

もちろんその段階はありますが、

僕たちダンス教師が出てみませんかと言った時には

ある程度踊れるようになっていると考えてもらっていいと思います。

 

たしかに一部にはなんでもいいから誘うみたいな人もいるかもしれませんが、

僕たちも出場する人がいい思い出になるように

しっかりとレッスンしています。

 

なのでいつかデモンストレーションや競技会に出てみようと思っている人は

上達してからではな「今」出場することを決めましょう。

 

そうすればきっと上達のスピードが上がると思います。

 

やはり目標と期限があると

人は何倍ものパワーが出ると思います。

 

いつかではなく2022年12月○日のパーティにでるぞ!

と心に決めましょう。

 

走りながら考えればいい

f:id:tatsushi_miyake:20220124191823j:plain

決めたところで最初に決めたことを

ずっと守らなければいけないわけではありません。

 

たとえば練習しているうちに種目が変わるかもしれません。

 

また競技会を目指していたら

7月出場を考えていたけど仕事の都合で思ったほど連取できなかった。

 

そうしたらその時点で9月の競技会に出場することに

目標を変えてもいいと思います。

 

プランは初めに決めた通りにする必要はないと思います。

 

ただ決めないとなかなか前に進む力が出にくいのではないかと

僕は考えています。

 

ある生徒さんの話

f:id:tatsushi_miyake:20220124191918j:plain

ここからはある生徒さんの話です。

 

その方は僕のところに来て開口一番こう言いました。

 

「先生!私は夏のパーティでクイックのデモをしたいです!」

 

「?!」

 

びっくりしました。

 

その理由はここではお話ししませんが、

その方にとってはどうしても半年でクイックのデモをしたい理由がありました。

 

僕は内心(さすがに無理だろう…)と思いましたが、

その方の熱意に押されてOKしました。

 

そこからその方と僕は毎回レッスンで必死に練習することで

みごとに」夏のパーティでクイックのデモを披露することができました。

 

やってみて思ったのは目標を決めることの力ってすごいということです。

 

絶対にやるぞと思えば多少の無理も効くということです。

 

もちろん僕の方から無理にやらせることはしませんが、

この時の経験はとても僕にとって勉強になりました。

 

その中でいかに習いに来てくれる方が

挑戦してみようという気持ちになれるように

しっかりとレッスンしているつもりです。

 

まず目標を決めて走り出そう!

f:id:tatsushi_miyake:20220124191951j:plain

みなさんもまず目標を決めて

実際にやってみましょう。

 

もし無理があるようならそのときに少し立ち止まり

また目標を設定しなおせばいいだけです。

 

目標とゴールまでのプランを完璧にして

その道のりを全て完璧にこなす確率が100%になってから

スタートするのでは遅すぎます。

 

というか多分その頃には周りの環境や

自分の状態がかわりゴールがゴールでなくなっていることもあります。

 

まずスタート。

 

これが大事だと思います。

 

いつでも立ち止まれるし、いつでも止めることができる。

 

いつでも方向を変えることができるし、いつでも再開できる。

 

ただスタートしないことには修正もなにもできません。

 

今年のも今日はなんですか?

 

決めたらうまくなる前に走り出すことをおすすめします。

 

〜まとめ〜『うまくなってからではもう遅い。』

関連記事

 

jumbo-miyake.hatenablog.com

 

 

 お問合せご意見、ご感想などはこちら

お問い合わせフォーム

 

 

 

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング