《社交ダンス》身長差に負けない!凸凹カップル奮闘記

社交ダンス、競技ダンスで身長差カップルならではの悩みや役に立つこと、立たないことのブログ。

凸凹奮闘記

youtu.be

 

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。

 

まずは簡単に自己紹介いたします。

Jumbo三宅はこんな人 

・1974年 広島県で生まれる 

       当時そこに住んでいたわけでもなく、

       親戚などもいないので、広島とは縁もゆかりもない。

       (別に複雑な事情があるわけではない。)

 

・1993年 大学入学のため北海道に来る 

       大学時代はゆるく楽しくすごす予定が、

       なぜか競技ダンス部に入部

       (体育会の中でも一二を争う厳しい部活と後から知る。)

 

・1999年 工学部を卒業

       研究職に就く予定が、なぜかダンス教師になる

       就職担当の先生に就職先を報告し、2回ほど聞き直される。

 

・2006年 ダンスの本場イギリスのロンドンへの初留学

       以降2018年まで毎年留学しダンスの技術を学ぶ

 

・2017年 25年間の競技生活から離れる

       ダンスのさらなる上達と理解を目指すため、次のステージへ

 

・いま    ブログだけでなくYoutube Twitter instagramもやってます。

 

 

 

 

このブログのテーマは?

 

 社交ダンス、とくにスタンダードでは

身長差が大きいといろいろ悩みがありますよね?

  

 

自分が今までに経験したことから

 

身長差カップルならではの悩み、役立つこと。

 

社交ダンス、競技ダンスのテクニック

 

身長差と関係ない話(?)

 

 

などいろいろ書いていきます。

 

なお僕は男性が大きく女性の方が背が低い

カップルでした。

 

なので、このブログでは基本的に

 

身長差=男性が大きく女性が小さい

 

を想定しています。

 

 

 

凸凹カップル奮闘記 もくじ

 

 お問合せご意見、ご感想などはこちら

 

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング

《おうちでできるダンスエクササイズ》その4 股関節を意識して曲げる  【一番難しい関節だけど最強】

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。

 

f:id:tatsushi_miyake:20210226125332j:plain

おうちでできるエクササイズ

今日が本当の4回目です。

 

今日のテーマは「股関節を曲げる」です。

 

股関節は様々な動きをしますが、

今日は一番基本の曲げる動作を練習します。

 

スタンダードを踊る時は

基本的に腰(骨盤)は水平(垂直)に保ちます。

 

つまりベルトのラインは床と並行になり

お腹は垂直に保つということです。

 

もちろんスウェーやシェイプがかかると

骨盤にも角度がつきますが、

基本の位置は前後左右に関して水平です。

 

これを維持するためには股関節を曲げることが

重要になります。

 

股関節は普段あまり意識することもないですし、

ひざのように見えやすい関節ではないので

曲げるのが難しいと思います。

 

今日のエクササイズで意識的に動かすことができるようになりましょう。

 

エクササイズ スタート!

 

f:id:tatsushi_miyake:20201215112336j:plain

まず真っ直ぐに立ちます。

 

今日は座ってできないので、立ってお願いします。

 

両足は肩幅くらいに開き

爪先は正面に向けて置いてください。

 

それではスタートです。

 

(1)股関節の位置を確認

股関節はどこにあるでしょうか?

 

まず腰骨を触ります。

 

ちょうどベルトの下あたりに

出っ張っている骨です。

 

そこから10cmくらい下、5cmくらい後ろ

お尻のエクボあたりにまた骨の出っ張りがあると思います。

 

ここが股関節のある場所です。

 

(正確には大腿骨の一番上)

 

f:id:tatsushi_miyake:20210226123009p:plain

この部分がみつかったら、指で軽く触って

位置を確認してください。

 

(2)股関節だけを曲げる 5回×3セット

つぎに股関節を実際に曲げます。

 

股関節だけを曲げると

お辞儀をしたような動きになります。

 

先ほど触った股関節の部分から

二つ折りになるようにまげます。

 

このときに背中を丸くしないように

気をつけてください。

 

イメージはガラケーのようです。

 

たくさん曲げる必要はありません。

 

かるく会釈するくらいでいいので

股関節から曲げるようにしましょう。

 

(3)ひざと一緒に曲げる 5回×3セット

つぎはひざと一緒に曲げます。

 

ひざを曲げると体は後ろに倒れます。

 

股関節を曲げると前にお辞儀みたいになります。

 

うまく両方のバランスをとって

体が前後に揺れないように関節を曲げましょう。

 

曲げる量は少しでいいです。

 

大体5cm〜10cm下に下がるくらいで十分です。

 

スクワットではないので気をつけてください。

 

たくさん曲げるとひざを痛くしてしまいます。

 

あくまでも股関節を感じるためのエクササイズなので

5回くらいを3セット行いましょう。

 

上半身の安定感がマシマシに!

f:id:tatsushi_miyake:20210223173158j:plain

股関節がうまく意識できると

上半身が揺れなくなるので

安定感がでます。

 

また腰が前傾や後傾にならないので

見た目もよく腰痛に軽減にも効果があります。

 

股関節は僕もダンスをするまで意識したことがなかったですが、

すこしずつまげることで意識できるようになります。

 

みなさんもやってみてください。

 

〜まとめ〜『股関節の位置を確認して、ひざと連動して曲げてみよう。』

関連記事

 

jumbo-miyake.hatenablog.com

 

 

凸凹カップル奮闘記 もくじ

 

 お問合せご意見、ご感想などはこちら

 

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング