《社交ダンス》身長差に負けない!凸凹カップル奮闘記

社交ダンス、競技ダンスで身長差カップルならではの悩みや役に立つこと、立たないことのブログ。

凸凹奮闘記

youtu.be

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。

 

まずは簡単に自己紹介いたします。

Jumbo三宅はこんな人 

・1974年 広島県で生まれる 

       当時そこに住んでいたわけでもなく、

       親戚などもいないので、広島とは縁もゆかりもない。

       (別に複雑な事情があるわけではなく、近い病院が県をまたいだだけ)

 

・1993年 大学入学のため北海道に来る 

       大学時代はゆるく楽しくすごす予定が、

       なぜか競技ダンス部に入部

       (体育会の中でも一二を争う厳しい部活と後から知る。)

 

・1999年 工学部を卒業

       研究職に就く予定が、なぜかダンス教師になる

       就職担当の先生に就職先を報告し、2回ほど聞き直される。

 

・2006年 ダンスの本場イギリスのロンドンへの初留学

       以降2018年まで毎年留学しダンスの技術を学ぶ

 

・2017年 25年間の競技生活から離れる

       ダンスのさらなる上達と理解を目指すため、次のステージへ

 

・いま    ブログだけでなくYoutube Twitter instagramもやってます。

 

 

 

 

このブログのテーマは?

 

 社交ダンス、とくにスタンダードでは

身長差が大きいといろいろ悩みがありますよね?

  

 

自分が今までに経験したことから

 

身長差カップルならではの悩み、役立つこと。

 

社交ダンス、競技ダンスのテクニック

 

身長差と関係ない話(?)

 

 

などいろいろ書いていきます。

 

なお僕は男性が大きく女性の方が背が低い

カップルでした。

 

なので、このブログでは基本的に

 

身長差=男性が大きく女性が小さい

 

を想定しています。

 

 

 

凸凹カップル奮闘記 もくじ

 

 お問合せご意見、ご感想などはこちら

お問い合わせフォーム

 

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング

《体の使い方》肩の力を抜くとは? 【肩に力が入るので、肩の力を抜いたらホールドが崩れたあなたへ】

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。

f:id:tatsushi_miyake:20210922125701j:plain



スタンダードでホールドをする時に

「肩の力を抜いて!」

と習った人は多いと思います。

 

でもなかなか力が抜けなかったり

力が抜けているけどホールドが崩れてしまうなんて人も

多いのではないかと思います。

 

今日は肩の力問題について

僕の思うところをお話しします。

 

肩ってなんだ?

f:id:tatsushi_miyake:20210922125754j:plain

そもそも肩とはなんでしょうか?

 

体のどこを指すかわかりますか?

 

これがわからないと習っても

上手く再現することはできません。

 

僕はもちろんわかっt…あ…あれ…(-_-)

 

わかってなかったので調べます。

 

肩〜胴体と腕をつなぐ関節の上部

 

参考 

肩とは - コトバンク

 

漠然としてますね。

 

そうなのです。

 

日本語でそもそも肩という言葉が

漠然としているのが問題なのだと思います。

 

力を抜くのは僧帽筋

f:id:tatsushi_miyake:20210922125816j:plain

今日は「肩の力を抜く」がテーマなので

筋肉に注目していきます。

 

肩に関係する筋肉は非常にたくさんありますが

意識できる筋肉で今日取り上げるのは

 

僧帽筋三角筋です。

 

僧帽筋はいわゆる肩こりの筋肉です。

 

肩凝ったなぁと思う時に痛くなるのは

僧帽筋に力が入ったままになり

固まることで起きるようです。

 

通常ダンスで肩の力を抜いてと言われたら

この僧帽筋の力を抜くことが大事です。

 

僧帽筋に力が入ると

肩をすくめるような動きになり

ホールドを作る上ではあまりよくありません。

 

腕を下ろしている時は

だいたい僧帽筋の力が抜けているので

できるだけそのまま腕を上げることが重要です。

 

力を入れるのは三角筋

f:id:tatsushi_miyake:20210922125957j:plain

もちろん力を入れないで腕を上げることはできません。

 

腕を横にあげるためには

三角筋という筋肉に力を入れます。

f:id:tatsushi_miyake:20210922124643p:plain

これは図のように腕の一番上にある筋肉で

腕を横にあげると硬くなると思います。

 

これも肩といえば肩ですが、

この力を抜いたら腕は下に落ちてしまいます。

 

なので肩の力を抜いてと言われても

三角筋の力は抜かないようにしましょう。

 

僧帽筋三角筋は間違えやすい

f:id:tatsushi_miyake:20210922130052j:plain

三角筋はあまり意識して動かすことはないと思います。

 

なのでホールドを維持しようと力を入れると

知らないうちに僧帽筋に力が入り

肩が上がってしまうのだと思います。

 

それを防ぐためにはひたすらに

僧帽筋の力を抜く練習をするしかありません。

 

僕はこんな感じで練習しました。

youtu.be

 

それでもホールドが崩れる人は

もしかしたら三角筋の力が弱いかもしれません。

 

筋トレして鍛えることで

筋力と共に神経も発達するので

ホールドも綺麗になると思います。

 

ぜひ調べてやってみてください。

 

〜まとめ〜『僧帽筋は力を抜き、三角筋は力を入れる。』

関連記事

 

jumbo-miyake.hatenablog.com

凸凹カップル奮闘記 もくじ

 

 お問合せご意見、ご感想などはこちら

お問い合わせフォーム

 

 

 

 

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング