《社交ダンス》身長差に負けない!凸凹カップル奮闘記

社交ダンス、競技ダンスで身長差カップルならではの悩みや役に立つこと、立たないことのブログ。

スタンダードのこつ

《スタンダードのこつ》タンゴのスピード感を出すために 【遅れることで速くなる】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのKrys Amonが撮影した写真 タンゴはキレとスピードのあるかっこいいダンスです。 ただこのスピード感を表現するのが 結構難しいと感じる人もいるでしょう。 僕はダンスを始めた当初からタンゴのキレ…

《スタンダードのこつ》左に広がるコツと注意点 【女性役と男性役に分けてお話しします】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 Unsplashのkazuendが撮影した写真 スタンダードの魅力のひとつに上半身の大きな広がりがあります。 これは主に女性役の人のホールドから上の部分が 左の方へ広がっているように見えます。 今日はこの広がりを…

《スタンダードのこつ》顔の向きを上手に変えるコツ3選 【ボディの動きが変化すると、顔の向きも変化する】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのSamuel Dixonが撮影した写真 スタンダードを踊る時は顔を右か左に向けます。 上手な人を見ると綺麗に左右に向きを変えながら踊っています。 同じようにやろうと思っても いつどのように変えるかで悩…

《スタンダードのこつ》ひざが硬い人の原因3選 【柔軟性ではない硬さの原因】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのMorgan Laneが撮影した写真 スタンダードを踊る時は ひざを少し緩めた状態が基本です。 ルンバのようにしっかりと伸ばしてしまうと スタンダードはうまく踊れなくなります。 とはいえ気づいたらひざ…

《スタンダードのこつ》顔の向き〜右向きVer. 【自由があると不自由になる?!】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのAshton Binghamが撮影した写真 先日は顔の向きについてお話ししました。 左向きだけでもこんなに色々あるなんて 結構驚きです。 今日は右向きについて 僕なりにお話しします。 右向き女性役Ver. Uns…

《スタンダードのこつ》顔の向き〜左向きVer. 【どこを向くかで踊りも変わる】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのEtty Fideleが撮影した写真 先日顔の向きについてお話ししました。 そこでこんな質問をいただきました。 「左むくってどれくらい向くの?」 そうなんです。 一概に左を向く、右を向くといっても ど…

《スタンダードのこつ》加速をちょっとうまく行うコツ 【加速とはなんぞやから、やさしく解説】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのMarc Sendra Martorellが撮影した写真 スタンダードが上手な人が踊っているのをみると スピード感、とくに加速がすごい時があります。 ワルツやスローのようなゆっくりとしたダンスでも ビューンと…

《スタンダードのこつ》PPからの回転は役割分担で解決 【右回転と左回転でやるべきことはひとつ】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのJavier Estebanが撮影した写真 PPから回転に入るときは 結構トラブルになりやすいです。 ただバリエーションだと 結構PPから回転することが多いです。 今日はPPからの回転で気をつけるといいことを …

《基本のテクニック2》自分の領域と相手の領域 【右に入るってなんだ?というひとは読んでください】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのAndrea De Santisが撮影した写真 スタンダードのレッスンで右に入るとか 相手の領域に入るなどと言われることがあると思います。 領域はスペースと言ったりもします。 スペースは宇宙…ではなく空間…

《スタンダードのこつ》重い思いをする時は 【重いと言っても原因は様々】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのKeagan Henmanが撮影した写真 スタンダードに限らず練習するときに 「体が重いなぁ」 と思う事はありませんか。 社交ダンスにおいて踊りが重いのには いくつか理由があります。 今日はダンスにおい…

《スタンダードのこつ》タンゴを踊るときの最初のコツ3選 【キレのあるタンゴを踊るために、まず気をつけるといいこと】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのHarley-Davidsonが撮影した写真 タンゴはキレのある素早さが売りのダンスです。 しかしキレ良く踊ろうとしても 力んでしまうばかりでなかなか上手く踊れない人も いるのではないでしょうか? 今日は…

《スタンダードのこつ》タンゴで力強く踊るこつ3選 【力強いという字面に騙されるな!】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのLopez Robinが撮影した写真 スタンダードのタンゴは力強い表現が魅力のダンスです。 力強い=力+強い じゃあ力を入れて…と思うと、なかなかうまく踊れません。 今日は力強いについて 僕なりにお話…

《スタンダードのこつ》大きなトップラインを作るために男性がすること 【見えないところにタネがある】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのDawn McDonaldが撮影した写真 スタンダードを踊る時は上半身が広く開いている踊り方に やっぱり憧れます。 でも無闇に後ろに開こうとすると ホールドがキツくなったり、 腰が痛くなったりとなかなか…

《スタンダードのこつ》うねりのあるダンスはどうやって作る? 【最近のスタンダードはなんかうねうねしてるけど、形はきれいなままなのが不思議?】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのMarivi Pazosが撮影した写真 スタンダードはホールドを組んで その形を変えずに踊ります。 昔はいかにも形を変えていませんという感じでしたが、 いまはとても自由に変化しながら踊っているように”…

《スタンダードのこつ》遠くを見ると何がいいのか? 【目線の置き方でダンスも変わる】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのMarina Vitaleが撮影した写真 スタンダードを踊る時は目線を遠くにと言われます。 ラテンでもそうだと思いますが、 遠くの感じは少し違うと思います。 今日はスタンダードにおける目線の使い方を 僕…

《タンゴ》キレを出すにはどうすればいいか? 【なんかできちゃう人もいるけど、できない人はここをチェック】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのMarc-Olivier Jodoinが撮影した写真 タンゴを踊る時は キレ良く踊りたい人が多いと思います。 僕はタンゴのキレやスピード感がとても苦手で プロになって10年以上、ずぅ〜っと注意されていました。 …

《スタンダードのこつ》回転はどこでつくる? 【股関節は万能の関節】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードで回転する時に体のいろんなところを使います。 その中でも一番よく使うところは 股関節だと思います。 今日は股関節を使った回転について 僕なりにお話しします。 股関節は回転の80% スタンダ…

《スタンダードのこつ》足がぶつかるのが怖いよ〜を解消するコツ3選 【理屈は分かっても上手な人があの動きをして足がぶつからないのは不思議】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードは体がくっついたまま踊るダンスです。 そのため最初は足がぶつかりそうになり とても踊りにくいと思います。 今日はスタンダードにおいて 足がぶつからず自由に踊るためのコツを 僕なりにご紹介…

《スタンダードのこつ》クイックステップで軽快におどるこつ3選 【ちょっとしたことで音楽に合わせられる】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 クイックステップは素早し足さばきが特徴の 楽しいダンスです。 でもバリエーションになるとちょっと足が追いつかない人も いるのではないでしょうか。 今日はクイックで足捌きを早くするコツ3選を 僕なりに…

《スタンダードのこつ》いろんな選択肢があることの弊害 【適切な動きを踊りながら選ぶのは、高等テクニックです】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 社交ダンスが上手な人は どんな場面でもスイスイ踊っていきます。 1組で踊る時はもちろんですが、 ダンスタイムや競技会などで複数の人がいる中でも踊っても うまさが見えると思います。 今日は社交ダンスの…

《スタンダードのこつ》ライズでふらつかないためのアイディア3選 【ライズでバランスが悪い、ホールドが力むなどの悩みはこれで解決】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードでライズをすると バランスが悪くなる人はいませんか? もちろん、足の裏を全部ついている時よりは 立ちにくいのはしょうがないです。 しかしすこしでも安定して立つことができたら ダンスももっ…

《スタンダードのこつ》すいすい踊るためには? 【簡単に踊れるひと、難しくしか踊れない人。違いはなんだろう??】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 社交ダンスを踊るなら やっぱりスイスイ踊りたいと思います。 上手な人って軽々と踊っているように見えます。 簡単そうだなと思ってやってみると 全然同じようにならなくて悩んだことがあるひとも 多いのでは…

《スタンダードのこつ》ボディが離れる原因と解決方法3選 【僕なりの方法をお話しします。】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードを踊る時は ボディがくっついている状態で踊ります。 このことをコンタクトするとか言ったりします。 コンタクトすることによっていいこともたくさんますが、 ボディが離れないように踊ることは結…

《スタンダードのこつ》クイックステップを軽やかに踊るコツ3つ 【食わず嫌いはもったいない!クイックを踊るコツをご紹介】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 クイックステップは音楽もフィガーも速く 楽しいながらも苦手意識がある人も多いと思います。 僕も以前は苦手な種目でした。 いまも得意ではないですが、 苦手意識は無くなりました。 今日はクイックステップ…

《スタンダードのこつ》リバース回転(左回転)をうまく踊るコツ3選 【ポイントを押さえて、クルクル回ろう!】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードで回転といえば ナチュラル系つまり右回転と リバース系左回転があります。 どちらの回転もそれぞれ難しさはありますが、 名前の通り右回転の方が ホールドに対して割と自然に回転できます。 なの…

《スタンダードのこつ》ゆっくりと踊るために 【ふわっとした感じをを出すためには、めっちゃ力を入れる】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 ワルツやスローフォックストロットなどのダンスは ゆっくりと踊ることが大切です。 もちろん速いバリエーションもありますが、 基本的にゆったりとした滑らかな動きが メインになると思います。 ただなんとな…

《スタンダードのこつ》回転すると苦しいのは遠心力との付き合い方かも 【逃れることはできないので、うまく利用するのが吉】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードではホールドを組んだまま 回転します 回転すると必ず遠心力が発生します。 遠心力自体は少し難しいのですが、 なんとなく外に引っ張られる感じがあるなぁ くらいでいいと思います。 この遠心力を…

《スタンダードのこつ》リードとフォロー 【いつリードしてどうフォローするか】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 社交ダンスはリードとフォローという 考え方があります。 フォローの部分にはいろんな言い方があります。 言葉遣いも是非がありますが 今回は一番一般的なフォローという言葉で 進めていきたいと思います。 今…

《スタンダードのこつ》タンゴの回転 ポイント3つ 【キレやスピードを出すためには回転をおさえる】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードを踊る時に 回転することが多いです。 というか回転しないフィガーはないと言っても 過言ではないでしょう。 とくにタンゴではシュッと回ることが多いとおもいます。 キレよく回りたいですよね。 …

《スタンダードのこつ》「あなたの踊りがつまらない」と言われたら 【テクニックが上達してきた証拠】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 ダンスが上手な人を見ると とても音楽に合っているように見えます。 自分も音楽を聴いて雰囲気に合わせて いい気分で踊っています。 でも… その動画を見るとなんか音楽に合っていません。 このように感じる人…