《社交ダンス》身長差に負けない!凸凹カップル奮闘記

社交ダンス、競技ダンスで身長差カップルならではの悩みや役に立つこと、立たないことのブログ。

スタンダードのこつ

《スタンダードのこつ》いろんな選択肢があることの弊害 【適切な動きを踊りながら選ぶのは、高等テクニックです】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 社交ダンスが上手な人は どんな場面でもスイスイ踊っていきます。 1組で踊る時はもちろんですが、 ダンスタイムや競技会などで複数の人がいる中でも踊っても うまさが見えると思います。 今日は社交ダンスの…

《スタンダードのこつ》ライズでふらつかないためのアイディア3選 【ライズでバランスが悪い、ホールドが力むなどの悩みはこれで解決】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードでライズをすると バランスが悪くなる人はいませんか? もちろん、足の裏を全部ついている時よりは 立ちにくいのはしょうがないです。 しかしすこしでも安定して立つことができたら ダンスももっ…

《スタンダードのこつ》すいすい踊るためには? 【簡単に踊れるひと、難しくしか踊れない人。違いはなんだろう??】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 社交ダンスを踊るなら やっぱりスイスイ踊りたいと思います。 上手な人って軽々と踊っているように見えます。 簡単そうだなと思ってやってみると 全然同じようにならなくて悩んだことがあるひとも 多いのでは…

《スタンダードのこつ》ボディが離れる原因と解決方法3選 【僕なりの方法をお話しします。】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードを踊る時は ボディがくっついている状態で踊ります。 このことをコンタクトするとか言ったりします。 コンタクトすることによっていいこともたくさんますが、 ボディが離れないように踊ることは結…

《スタンダードのこつ》クイックステップを軽やかに踊るコツ3つ 【食わず嫌いはもったいない!クイックを踊るコツをご紹介】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 クイックステップは音楽もフィガーも速く 楽しいながらも苦手意識がある人も多いと思います。 僕も以前は苦手な種目でした。 いまも得意ではないですが、 苦手意識は無くなりました。 今日はクイックステップ…

《スタンダードのこつ》リバース回転(左回転)をうまく踊るコツ3選 【ポイントを押さえて、クルクル回ろう!】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードで回転といえば ナチュラル系つまり右回転と リバース系左回転があります。 どちらの回転もそれぞれ難しさはありますが、 名前の通り右回転の方が ホールドに対して割と自然に回転できます。 なの…

《スタンダードのこつ》ゆっくりと踊るために 【ふわっとした感じをを出すためには、めっちゃ力を入れる】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 ワルツやスローフォックストロットなどのダンスは ゆっくりと踊ることが大切です。 もちろん速いバリエーションもありますが、 基本的にゆったりとした滑らかな動きが メインになると思います。 ただなんとな…

《スタンダードのこつ》回転すると苦しいのは遠心力との付き合い方かも 【逃れることはできないので、うまく利用するのが吉】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードではホールドを組んだまま 回転します 回転すると必ず遠心力が発生します。 遠心力自体は少し難しいのですが、 なんとなく外に引っ張られる感じがあるなぁ くらいでいいと思います。 この遠心力を…

《スタンダードのこつ》リードとフォロー 【いつリードしてどうフォローするか】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 社交ダンスはリードとフォローという 考え方があります。 フォローの部分にはいろんな言い方があります。 言葉遣いも是非がありますが 今回は一番一般的なフォローという言葉で 進めていきたいと思います。 今…

《スタンダードのこつ》タンゴの回転 ポイント3つ 【キレやスピードを出すためには回転をおさえる】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードを踊る時に 回転することが多いです。 というか回転しないフィガーはないと言っても 過言ではないでしょう。 とくにタンゴではシュッと回ることが多いとおもいます。 キレよく回りたいですよね。 …

《スタンダードのこつ》「あなたの踊りがつまらない」と言われたら 【テクニックが上達してきた証拠】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 ダンスが上手な人を見ると とても音楽に合っているように見えます。 自分も音楽を聴いて雰囲気に合わせて いい気分で踊っています。 でも… その動画を見るとなんか音楽に合っていません。 このように感じる人…

《スタンダードのこつ》ホールドの形を崩さないために 【力を入れるのは本当に悪なのか?】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードを踊る時は ホールドと言って両腕を横に開き お互いに手を繋いで踊ります。 このホールドは色々難しいところはありますが、 まず形が崩れないことは結構重要です。 今日はホールドの形が崩れる原…

《スタンダードのこつ》ピボットが苦手な人のために 【右回りと左回りの違いを押さえればすぐできる!】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードにはいろんな足の使い方があります。 基本的には歩いていく動作が多いですが、 たまにピボットという回転動作があります。 これって結構難しいですよね。 今日はピボットを上手く踊るコツを お話…

《スタンダードのこつ》あなたもできる!簡単スピンマスター 【スピンをうまく踊る3つのコツ】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードだけでなく ラテンでもスピンというフィガーがあります。 ひとりで回転するのではなく ふたりで組んでまわるやつです。 なかなか難しいですが、 スタンダードにおいては上級への登竜門的な フィガ…

《スタンダードのこつ》しっかりとしたスタンダードのボディ 【ろっ骨と骨盤をつなげよう!】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードではしっかりとした 体幹がとても大事です。 ラテンとは違い基本的には 形を変えることはありません。 もちろんラテンの体幹が弱いわけではなく スタンダードの体幹も全く動かないわけではありま…

《スタンダードのこつ》ポジションをはっきりさせる 【全部で9種類ある?!】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードを踊る時に大切な要素のひとつに 「ポジション」があります。 これは体の位置関係で スタンダードにおいてはコンタクトの仕方と言っても いいと思います。 今日はスタンダードにおけるポジション…

《スタンダードのこつ》なぜ左を向くのか? 【僕なりの解釈と綺麗に左を向く方法】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードを踊る時は 少し左を向いて踊ると習います。 そのため進行方向と顔の向きが違うため 最初はなかなか難しいと思います。 今日はなぜ左を向くかの理由と うまく左を向く方法を僕なりにお話しします…

《スタンダードのこつ》体は右にひねるか左にひねるか 【立体的な立ち方を手に入れる】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードではホールドを組むときに お互いに少し左にずれて立ちます。 そして基本的に右側のボディの前面を 触れ合うようにして組みます。 初心者のうちは本当に真っ直ぐに立って組むのが良いと思います。…

《スタンダードのこつ》ゆっくりな動きはどうやってつくる? 【ゆっくりとスピード感の両立】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 ワルツやスローフォックストロット など ゆっくりなダンスが苦手な人はいませんか。 わかっていても音楽より早くなったり ゆっくり動いていたらダラダラ見えたり… カウントに合わせながら優雅に踊るためには …

《スタンダードのこつ》少し左にずれて踊る理由とコツ 【文化の違いが正面に立ってしまう原因】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードではホールドを組んで 体をくっつけたまま踊ります。 初めて見た時はどうやって動いているかが とても不思議でした。 実際に自由に踊るためには立ち位置 つまりポジションが大事になります。 今日…

《スタンダードのこつ》ゆっくり動くためには 【力をいれることでゆっくり動ける】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 ワルツやスローフォックストロット など ゆっくりとしたダンスは優雅で綺麗です。 でもゆっくり動く事は それはそれで難しいです。 今日はゆっくりな動きが苦手な人が チェックするといいポイント3つをご紹介…

《スタンダードのこつ》スピード感とは? 【スピードがない方が、なぜか速い現実】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 タンゴはどんなイメージがありますか? スピード、パワー、キレなど 力が入っているイメージがあります。 とくにこのスピード感はタンゴの 特徴と言えるでしょう。 僕はこの切れ味やスピード感を出すのが 超苦…

《基本のテクニック2》スイングの種類は3種類 【まず覚えるならペンジュラム1択】

// こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 タンゴ以外のダンスには スイングという動作があります。 スイングとは振り子のことで 英語ではブランコのこともスイングと言います。 今日はスイングについて やさしくお話しします。 スイングの種類は3…

《スタンダードのこつ》ヒールターンを制するものはバリエーションを制す 【かかとで回るだけ】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 みなさんヒールターンは得意ですか? 男性の方はあまり使わないかもしれませんが、 女性にとっては必修と言ってもいいものです。 とはいいつつも男性も女性がどのような動きをしているか わかってることでより…

《スタンダードにのこつ》手首と脇のコンタクト 【最難関のコンタクト 覚えたら最強】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードでは腕やボディで コンタクトをします。 コンタクトとはお互いに触れ合って 自分の動きやリードなどを 伝えることです。 コネクションとも言います。 スタンダードでは5つのコンタクトと言われる…

《スタンダードのこつ》ポジションを覚えよう。 【まず必要なのは3種類】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードにはポジションという 言葉があります。 これはふたりのコンタクトの種類で 分け方にもよりますが7、8種類に分かれます。 今日はこのポジションについて お話しします。 基本のクローズドポジシ…

《スタンダードにのこつ》女性をぶつけないために 【ポイントは幅の感覚】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードで女性をぶつけてしまう人 いませんか? 他のカップルや壁に女性の頭や 左ひじをぶつけてしまっておこられた 男性も多いと思います。 なぜぶつかるのか、 そしてどうやったら女性をぶつけないで …

《スタンダードのこつ》フットワークの極意 【普通に歩くだけ】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 フットワークって聞いたことありますか? いわゆる足の使い方です。 ダンスの先生に説明してもらっても なんだか複雑でよくわからないことが多いです。 正直僕もめんどくさいです。 今日は正直フットワークを…

《スタンダードのこつ》タンゴのイメージと実際 【大きな勘違い】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 タンゴはどんなダンスですか? ・力強い ・速い ・キレがある などのイメージがあるのではないでしょうか。 このイメージは正しいと思います。 ただこのイメージを持っていても なかなかうまくいかない人もい…

《スタンダードのこつ》きれいなホールドとはなんだ? ポイント3つ

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードではホールドの形が 大事です。 きれいなホールドを保つためには どんな注意点があるでしょうか? 今日は僕が普段気をつけている ホールドをきれいに保つためのアイディア3つを ご紹介します。 …