《社交ダンス》身長差に負けない!凸凹カップル奮闘記

社交ダンス、競技ダンスで身長差カップルならではの悩みや役に立つこと、立たないことのブログ。

《身長差》背が高い男性と背の低い女性が抱えやすい問題3選 【よくあるけど、解決できる】

こんにちは!

 

Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。


Unsplash
Brooke Cagleが撮影した写真

 

社交ダンスを踊る時はふたりで踊ります。

 

そのため教科書や一般的な技術において

相手との兼ね合いを大事に作られています。

 

ところがどのテクニックでも身長の違いについては

あまり書かれていません。

 

そのため身長差があると、うまくいかないことがよくあると思います。

 

特にスタンダードでは身長差からくる問題は多い気がします。

 

今日はスタンダードにおいて身長差があると起きやすい問題3選を

僕なりにお話しします。

 

 

問題1 腕が届かない問題


Unsplash
Nadine Shaabanaが撮影した写真

 

まず身長差があると、縦だけでなく横方向にも

差があることが多いと思います。

 

そのためホールドに関する問題は

よく起きると思います。

 

ホールド問題では大きくふたつに分かれます。

 

ひとつは縦方向、もうひとつは横方向です。

 

まずは縦方向からお話しします。

 

ホールドは弾性の腕が下、女性の腕が上にあります。

 

そのため男性の背が高いと、腕の上下と腕の上下が違うため

トラブルが起きるのです。

 

ダンスタイムなら男性がひじを下げておけば

解決するでしょう。

 

しかしデモンストレーションや競技会の場合はそうもいきません。

 

そのためお互いに譲らないことが問題の原因になるということです。

 

これは女性の腕も多少上げることができますが、

男性が下がる方が圧倒的に多いと思います。

 

腕を下げることができなければ、全体的に少し下に下がることで

女性の腕の下に男性の腕がくるようにするのです。

 

jumbo-miyake.hatenablog.com

 

 

つぎに横方向です。

 

これは腕の長さと体の幅からくる問題です。

 

身長は直接関係ないですが、実際は身長が大きいと

腕の実寸は長くなり体の幅もあるため結果的に幅の違いは大きくなるでしょう。

 

また身長が低い女性は腕を少し上に上げるため

腕の長さよりも横幅が少し短くなります。

 

また競技会に出ている人はホールドを少しでも大きく見せようとする傾向があり

それも腕の長さ、横方向問題を大きくしているのだと思います。

 

これは解決するために2つのことが必要です。

 

ひとつは体の横へのズレ度合いです。

 

基本的に半身ずれて立つと言いますが、

このずれを気持ち大きくします。

 

とはいえお互いの右足が相手の足の間にあるのは変えないでください。

 

こうすることで女性は男性の右側(女性から見て左側)に

大きく出ることができます。

 

ただこれにより女性の右手は男性から見てより右に行くため

手がとどなくなります。

 

これは男性が対応するしかありません。

 

男性は左ひじをいつもより多く曲げることで

女性の右手が伸びすぎることを防ぎます。

 

なお、男性の左ひじの位置はなるべく変えないようにします。

 

こうすると男性の意識としては

とてもホールドが小さくなったように感じるでしょう。

 

しかし左ひじが遠くにあるので、見た感じは大きいホールドに見えますし

実際に大きいです。

 

むしろひじの曲がりが鋭角になるため

競技的には強く見える可能性も高いです。

 

 

jumbo-miyake.hatenablog.com

 

 

 

問題2 脚がぶつかる問題


Unsplash
Diana Polekhinaが撮影した写真

 

つづいて脚がぶつかる問題です。

 

脚と書きましたが、足ではないところに注意してください。

 

足がぶつかるのはシンプルに教科書の技術が足りないことが多いです。

 

身長差は多分関係ありません。

 

それに対して脚がぶつかることは身長差が原因になることもあるでしょう。

 

ただこれはあくまでも基本的な技術がある程度できているという前提です。

 

身長差があると男性(背が高い)の右脚が女性の腰にぶつかることが

結構あるでしょう。

 

これは脚の長さ(スタイルではなく実寸)が男性の方が長くなることが多いのと

それに付随して歩幅も大きくなりやすいからです。

 

ただこれはインラインで男性が前進、女性が後退の場合のみ起きる問題で

それ以外ではほとんどないでしょう。

 

この脚がぶつかる問題は脚の長さを揃えることで

解消することができます。

 

具体的には股関節の高さを合わせるということです。

 

男性が少しひざを多く緩めることで

女性の股関節と高さを合わせます。

 

これは身長差と同じだけ差があるとは限りません。

 

身長ではなくあくまでも股関節の高さの差として捉えてください。

 

もし股関節の高さに差がない場合は…ラッキーということです。

 

脚の長さ問題に関してはですが。

 

jumbo-miyake.hatenablog.com

 

 

問題3 体重が大きく違う問題


Unsplash
Pascal Bernardonが撮影した写真

 

最後は体重です。

 

身長差があるとそれに伴いたい格差があることが多く

体重にも大きく差が出てしまうことがあります。

 

20cmくらい身長差があると男性の方が1.5倍くらいあることも

珍しくないでしょう。

 

男性75kg、女性50kgなどは珍しくないのではないでしょうか。

 

こうなると男性からすれば女性は軽いですが、

女性からすると男性は非常に重いです。

 

とくに回転するフィガーをすると遠心力が大きくかかるように感じるため

回転の軸がぶれやすいです。

 

もちろん身長差、体重差があっても綺麗に踊れる人はたくさんいます。

 

しかし基本的なテクニックは体重差がない状態で

書かれているように個人的には感じます。

 

この体重差を埋めるためにはふたつの方法があります。

 

ひとつは女性が増量する。

 

ただこれは別の意味で動けなくなる可能性が高く

あまりお勧めできません。

 

同様に男性が減量するのも限度があるでしょう。

 

スタミナがなくなりガリガリになってしまうでしょう。

 

もうひとつは脚の曲げ具合で、体重を増やす感じにすることです。

 

綱引きをする場面を想像してみましょう。

 

このときに引っ張られそうになったら、腰を低くすると思います。

 

これが体重を増やしている動作です。

 

ダンスでも同じです。

 

腰を少し下げるつまりひざを緩めることで

体重を増やしたのと同じ効果があります。

 

身長が低い女性はつい高くなろうとして

上に上がってしまいがちです。

 

しかしそれでは余計に軽くなるため

相手に引っ張られるような感じになってしまうでしょう。

 

体重が釣り合うように少し下がってみると

意外とうまく行くでしょう。

 

身長差は解決できる


Unsplash
Riccardo Annandaleが撮影した写真

 

もし男性と女性の身長差が80cmとかあるなら

少し解決は難しいかもしれません。

 

ただある程度近い年齢、もしくは大人なら

そんなに気にしなくて大丈夫だと考えています。

 

30cmくらいの身長差なんてないに等しいです。

 

僕的には

 

それ以上あってもダンスのテクニックで十分解決できます。

 

ただ教科書や一般的なテクニックではちょっと会計結できないこともあるでしょう。

 

これは身長差がある人が一歩先にいると思います。

 

身長差のことは身長差がある人に聞くのが

一番いいと思います。

 

僕の経験的には。

 

〜まとめ〜『身長差からくる問題もあるが、すべて解決できる』

関連記事

 

jumbo-miyake.hatenablog.com

 

 

 

 

お問合せご意見、ご感想などはこちら

お問い合わせフォーム

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村


社交ダンスランキング