《社交ダンス》身長差に負けない!凸凹カップル奮闘記

社交ダンス、競技ダンスで身長差カップルならではの悩みや役に立つこと、立たないことのブログ。

回転

《回転》PPから右回転に入る時はどうする 【バリエーションで多いが、意外と苦手な人も】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのOsman Ranaが撮影した写真 スタンダードのフィガーでPPから入るものは結構たくさんあります。 その中でもバリエーションで割と出てくるのが PPから右回転です。 今日はこのPPから右回転をうまく踊る…

《回転》スタンダードの回転はふたりでひとつ 【役割分担することでスムーズな回転をしよう】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 社交ダンスでは回転がメインの動作のひとつです。 ラテンのように一人で回転するのも難しいですが、 ふたりで組んで回るスタンダードはこれまた難しいです。 今日はスタンダードの回転が難しい理由と 解決方法…

《回転》ホールドをスムーズに回すために気をつけるといいこと 【回転はふたりでひとつ】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのPriscilla Du Preez が撮影した写真 スタンダードではホールドと言って両手を繋いで踊ります。 踊る時はこの状態で回転をするので ひとりで回転する時とイメージが大きく違うと思います。 今日はホ…

《回転》思考における時間差 【一緒に踊るけど同時には踊らない】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのAhmad Odehが撮影した写真 スタンダードはお互いのボディがコンタクト、 つまりくっついたまま踊ります。 そのため移動するにも回転するにも 常に一緒に動くことが大事です。 ただそれが競技ダンス…

《回転》回転動作のイロハ 【うまく回転できない人に送る最初のポイント】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのMae Muが撮影した写真 社交ダンスではいろんな方法で回転します。 スタンダードにおいてはターン、スピン、ピボット、スイブル、ヒールターン… などいくつかの周り方があります。 その中の一番基本…

《回転》うまく回転するための3つのコツ 【ポイントは勢い、軸、あとひとつ】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのScott Higdonが撮影した写真 スタンダードに限らず回転はダンスの華です。 ターン、スピン、ピボット、スイブル… 種類はいろいろありますが、これらは華やかさの源と言っても良いでしょう。 ただ回…

《回転》ふたりで回転する時のポイント 【前進と後退に分けて解説】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのTETrebbienが撮影した写真 スタンダードでは組んだまま回転するので ひとりで回る時とは違うポイントがあります。 今日は回転するフィガーを踊る時に気をつけているといいことを 僕なりにお話ししま…

《回転》初心者が回転を踊る時にまず気をつけるポイント3選 【次のステップに進むために、覚えておくといいこと】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのAhmad Odehが撮影した写真 社交ダンスといえば回転がひとつの華といえるでしょう。 うまく回転できると自分も楽しいと思います。 ただスタンダードでもラテンでも初心者から一歩上がる段階で 必ずこ…

《回転》ダンスにおける回転のやり方2選 【多彩な回転が魅力のダンスだが、回り方はたったの2つ】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのTETrebbienが撮影した写真 スタンダードに置いて回転する時に 体のどこを使いますか。 考え方なのでいろいろだと思いますが、 僕は股関節か足の裏を使うと考えています。 シンプルな回転の考え方と…

《身長差》回転するときに背の低い女性が気をつけるといいこと3選 【背の高い男性も知っておくべき】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのJonas Jacobssonが撮影した写真 ダンスの醍醐味のひとつに回転があります。 ひとりで回るものもあれば ふたりで組んで回るものもあります。 スタンダードでは基本的にふたりで回転します。 ひとりで…

《回転》まず初めに回転する時に覚えておくこと3選 【ダンスといえば回転だっ!】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのMae Muが撮影した写真 社交ダンスを習うとまずは姿勢、そして歩き方を習うと思います。 ただこれは大切とはわかっていても ちょっとつまんないです。 やっぱりダンスの醍醐味は回転だと思います。 …

《テクニック》スピン系が苦手な人はここをチェック 【3ポイントで回転マスター】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのDiana Măceşanuが撮影した写真 スタンダードの花形といえば やはり回転です。 スピンやピボットなどぐるぐる回るものは やはり華やかで綺麗だと思います。 ただ実際に自分が踊るとなかなか綺麗に回…

《基本のテクニック2》回転すると迷子になる人を救います 【向きとは違うもうひとつの要素】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 UnsplashのScott Broomeが撮影した写真 スタンダードで回転すると 違う方向に進んでしまう人はいませんか? 僕も最初はスピンターンをしたら訳が分からなくなり 毎回違う方向に動いてしまっていました。 先週…

《基本のテクニック2》ピボットをマスターして脱初心者 【ボールで回転するフィガーは難しくない!】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 ピボットやスピンなどつま先でくるっと回るフィガーは ちょっと難しいです。 でもこういう回転をスッとできると とてもかっこいいので憧れる人も多いと思います。 今日はピボットやスピンなどがうまくいく方法…

《基本のテクニック2》スピンターンのコツ 【最初の難関を超える方法】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 社交ダンスでワルツを踊るときに 最初の難関はスピンダーンだと思います。 女性も難しいですが、男性は特に上手くいかない人が 多いと思います。 僕も初めて習った時は 上手くいかずに苦労した記憶があります…

《テクニック》回転と遠心力の関係を考えよう 【遠心力の方向がポイント】

みなさん、こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 社交ダンスでの華は回転といっても 過言ではありません。 フィギュアスケートでもジャンプして回転することで とても盛り上がり、迫力も増します。 ただフィギュアスケートと社交ダンスの大きな違い…

《基本のテクニック2》回転すると上手く進めないのはなぜ? 【回転と進む方向を分けて考える】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 みなさんは普段歩きながら回転しますか? 多くの人は回転しないと思います。(当たり前) 普通の道で回転しながら歩いていたら 奇妙な目で見られるか警察がきます。 でもダンスでは回転しながら歩くこと(移動…

《スタンダードのこつ》リバース回転(左回転)をうまく踊るコツ3選 【ポイントを押さえて、クルクル回ろう!】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードで回転といえば ナチュラル系つまり右回転と リバース系左回転があります。 どちらの回転もそれぞれ難しさはありますが、 名前の通り右回転の方が ホールドに対して割と自然に回転できます。 なの…

《スタンダード》回転する方向はいくつある? 【「そりゃ右と左に決まってるっしょ!」って思ってる人に読んでほしい】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードを踊る時に 回転することがあります。 というか回転しないことは少ないですよね。 この回転という動きをすこし拡張してみると スタンダードの動きがより理解しやすくなるときがあります。 今日は…

《基本のテクニック2》右回転と左回転は似ているけど赤の他人 【右回転の逆は左回転ですが、ナチュラル回転の逆はリバース回転か?】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードでは組んだまま右へ左へと 回転しながら踊ります。 初めて見た時は(と言うか今でも)とても不思議です。 なんで人間がくっついたまま あんなに回れるのか? 不思議ながらもいろんな仕組みは習っ…

《基本のテクニック2》スタンダードの基本の動作3つ 【もとを辿ればこれらに行き着く】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードには大きく分けて 3つの動きがあります。 (1)「移動」 前後 左右 上下 (2)「回転」 右回転 左回転 (3)「傾き」 左右 前後 です。 これらが同時に組み合わさって起こることで いろんな複…

《基本のテクニック2》スタンダードの回転がうまくいくためのポイント3つ 【同じように見えて違う動きをしている】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードで回転する時は ホールドを組んでいるので ふたりの回り方が少し違います ラテンのスポットターンなどのように ひとりで回る時とは違います。 今日はふたりで組んで回るときに違うこと3つをご紹…

《テクニック》スタンダードの動きはこの3つ 【回転なのかカーブなのかをしっかり理解】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードの動きには 大きく3つのパターンがあります。 (1)直線的な動き (2)カーブ (3)その場での回転 全てのフィガーはこれでできています。 今日はこのスタンダードにおける 基本の3つの動き…

《テクニック》回転がうまくいかない時はこれをチェック 【頭の動きを考えよう】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 ダンスを踊るときに華やかな動きのひとつに 回転があります。 特にスタンダードではふたりで組んで回転するので なかなか思い通りに回れない人もいるのではないでしょうか。 今日はスタンダード、 あるいはラ…

《身長差の悩み》スピンが苦手なのはどうして 【僕はずっとできなかった】

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 身長差があるカップルは スピンをするときに遠心力が うまくコントロールできない時があります。 身長差がないカップルは 頭、ボディなどが同じ高さにあり ホールドもほぼ水平になるので 回りやすいと思います…

《スタンダードのこつ》回転するべき場所4つと回転すべきでない場所3つ

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードではある程度 体の形を保って動いていきます。 そのため、回転する時にも 回転できる場所が決まってきます。 今日は体の中で回転できる場所と どのような時に使うかをご紹介します。 首〜顔の向き…

《身長差の悩み》回転系フィガーでの釣り合いを取るには?

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 大きい男性と踊るときに 回転系のフィガーでは 釣り合いを取るのにすこしコツが入ります。 そのままだとどうしても 男性の方が重いので 強く引っ張られることになりやすいです。 かといって力を入れると 硬く…

《スタンダードのこつ》回転はどこでおこないますか?

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードにおいて 回転する時はどこからまわりますか? 結論として 体の中で回転する場所は 4カ所です。 ・首 ・みぞおち ・股関節 ・足の裏 これらはその部分が点で回るというより その高さにある床と平…

《スタンダードのこつ》遠心力を利用しよう

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 スタンダードで回転する時には いつも遠心力がかかります。 これはホールドの外側に引っ張られるような 力です。 厳密に言うと遠心力という力は 解釈が難しいのですが 今回はそこは飛ばしていきます。 遠心力…

《スタンダードのこつ》ナチュラルとリバース

こんにちは! Jumbo三宅(@sato_ds_hkosk)です。 社交ダンスを習うとまず難しいのが ナチュラルとリバースという言葉です。 ナチュラルターンは右回転。 リバースターンは左回転。 じゃあなんでライトとレフトと 言わないのでしょうか? そう思ってラテンを習…